作 品 作 者 玄鳥掲載

髭あたり頬を叩いて寝正月 岡部 栄一 平成24年2月
裏山に母呼びに行くてまり唄 岡部 栄一 平成21年3月
ペンキ絵の富士を眺めて初湯かな 岡部 栄一 平成21年2月
若潮を手桶に満たす夜明け前 岡部 栄一 平成21年1月
筆始まずは「の」の字を古新聞 岡部 栄一 平成20年4月
坊主めくりの最後に坊主春着の子 岡部 栄一 平成20年4月
なずな粥窓の曇りを行く夜汽車 岡部 栄一 平成19年3月
狂うこと狂いたきこと手鞠唄 岡部 栄一 平成13年5月

田作りを猫と分け合ふ昼の酒 土肥 幸弘 平成21年1月
買初のコンビニ単3電池二個 土肥 幸弘 平成21年1月
年始の客猫に遊ばれいたりけり 土肥 幸弘 平成20年1月
翁の句にもありたきものよ姫はじめ 土肥 幸弘 20年1月
読初の紫磐井歯がたたず 土肥 幸弘 平成20年1月
初夢にうすらわらひの竹箒 土肥 幸弘 平成20年1月
若水や身のくらがりを垂直に 土肥 幸弘 20年1月
初夢いま安田講堂攻防中 土肥 幸弘 平成18年2月
初買のガーリックパンよくにおう 土肥 幸弘 平成18年2月
騎馬始息も馬糞も湯気ゆたか 土肥 幸弘 平成16年3月
居座りし賀客に燗を任せたる 土肥 幸弘 平成16年3月
飾海老にもあるまじき横座り 土肥 幸弘 平成16年3月
笠智衆ごまめを噛んでうんと言ふ 土肥 幸弘 平成16年3月
小津映画のやうに二人の屠蘇の膳 土肥 幸弘 平成16年3月
胃に溜る古女の目玉二日酔ひ 土肥 幸弘 平成15年3月
ことのほか強き古女の腰の骨 土肥 幸弘 平成15年3月
初風呂や妻に石鹸箱借りて 土肥 幸弘 平成13年3月
男ぶりよき木に結び初みくじ 土肥 幸弘 平成13年3月
寒紅の唇美しき骨を出し 土肥 幸弘 平成12年4月
ぜいたくに余命減らして寝正月 土肥 幸弘 平成12年3月
屠蘇酔に桂銀淑の日暮かな 土肥 幸弘 平成12年3月
荷くずれの食積に似て昼の酒 土肥 幸弘 平成12年3月
賞味期限過ぎたる吾も蓬莱も 土肥 幸弘 平成11年3月
手毬唄島に男の死に絶えて 土肥 幸弘 平成11年3月
骨と皮ありて楽しき初湯かな 土肥 幸弘 平成8年3月
初夢に現れし馴染みの梯子段 土肥 幸弘 平成8年3月
破魔弓やわれに対きくる波頭 土肥 幸弘 平成8年3月
妻の横に顎を写して初鏡 土肥 幸弘 平成8年3月
食積のぶざまとなりて昼の酒 土肥 幸弘 平成7年3月
母上の裸まぶしき初湯かな 土肥 幸弘 平成7年3月

手鞠唄八坂の塔へ抜ける路地 宮下久美子 平成24年5月
まず頭ぐいと突き出す歌かるた 今井 紋子 平成23年5月
福袋女性専用乗車口 樋口登代子 平成23年4月
初ごよみ掛けし柱の匂ひけり 志水 つい 平成21年5月
双六を終えて双六見ておりぬ 木村 修 平成20年5月
羊羹の角の正しき淑気かな 石川 暘子 平成20年4月
独楽回しするに背鰭を立てている 小倉 喜郎 平成19年5月
初鏡大海のごと光りおり 小川 紫翠 平成19年5月
読初の太古の神の親しけれ 鈴木あきを 平成19年4月
子の描きし宝船敷くまくらかな 安田 循子 平成19年4月
初電話まず物割れる音がして 水田雅吉子 平成19年4月
初句会赤をまとって行かんとす 林  密雅 平成18年4月
背の釦かけて貰ひし初鏡 桑島 國 平成18年4月
初買のおかかおにぎりおーいお茶 坂本 宣子 平成17年5月
柳箸舟で広間にもどりけり 灰原美奈子 平成17年5月
初鏡六十余年という時間 樋口 進二 平成17年4月
お年酒を写真の彼と酌み交わす 花坂千江子 平成17年4月
ブローチは銀のふくろう初句会 豊田 幸枝 平成17年4月
ありたけの石を袂に手毬唄 本岡 敬子 平成16年4月
誰も出てこぬ眼鏡屋の鏡餅 加藤 幸子 平成16年4月
初夢や笑ひころげる茄子二つ 加藤 幸子 平成14年4月
神饌のうぐい跳ねたり国栖の笛 安田 循子 平成13年5月
アナウンサーの耳にイヤホン鏡餅 小倉 喜郎 平成13年4月
妻に来し賀客に席を外さんか 井上きくを 平成12年5月
七福神ひとりおおくて餅なげる 大西 昇月 平成12年5月
初夢の足くび掴みたるは誰 熊田ひとし 平成10年4月
初灸のつぼにつめたき尼の指 竹田ヒサコ 平成9年4月
屠蘇を注ぐ妻が女のしぐさせり 袴田比朗士 平成9年4月
ファミコンに手毬唄などなかりけり 太田 まさ 平成8年5月
鏡餅浪は砕けて海になる 岡田美佐枝 平成8年4月
初買いや耳かき一つ頼まれる 森田 敏子 平成7年4月
初夢を覗き見されてゐたるらし 袴田比朗士 平成7年4月


歳時記TOP