作 品  作 者 玄鳥掲載

不死男忌や盥に足湯してをりぬ 岡部 榮一 平成24年8月
太宰忌の赤き旧約聖書かな 岡部 榮一 平成24年7月
潮に乗る夜更けの太鼓盆踊 岡部 榮一 平成20年10月
買い食いの兄の後ろや夏祭 岡部 榮一 平成20年10月
縄跳びの縄の高さの茅の輪かな 岡部 榮一 平成20年8月
刃を渡る駒の回転多佳子の忌 岡部 榮一 平成20年7月
御陣乗に地を這う者の怒りかな 岡部 榮一 平成17年9月
金槌の頭とび出す桜桃忌 岡部 榮一 平成14年9月

水嵩の殖えゆく座敷走馬灯 土肥 幸弘 平成17年7月
鉾流し情死の身許まだ知れず 土肥 幸弘 平成15年9月
茅の輪くぐりさて昼飯を何とせむ 土肥 幸弘 平成13年7月
馬穴に足漬けて祭りの詰所かな 土肥 幸弘 平成11年9月
たれも居ぬ湯があふれをり多佳子の忌 土肥 幸弘 平成8年8月

広島忌百葉箱の鍵あける 田村竹次郎 平成24年12月
父の日や首の落ちたる鳩サブレー 竹下 貞夫 平成24年11月
鵜松明いくさの如く焚かれをり 平井知志子 平成24年11月
青白い畳を歩く原爆忌 村田 悦子 平成24年11月
住み慣れて四万六千日詣 窪本 正行 平成24年10月
桜桃忌胸ポケットのイエスタデー 小川 文子 平成24年10月
十八番なら「黒の舟唄」桜桃忌 石川 暘子 平成24年9月
疵のない空が残りし広島忌 小川 紫翠 平成23年11月
古畳たたいて立てるチェホフ忌 岩切 恵子 平成23年10月
一階のものを二階へ夏祭り 進藤三千代 平成23年10月
巫の髢の飾り夏祓へ 佐々 紀代 平成22年10月
洲崎の灯ぽつぽつ四万五千日 窪本 正行 平成22年10月
父の日や父の足裏に掲げられ 阪口 周 平成22年10月
お供えのがらがら煎餅辻祭 安田 循子 平成21年12月
妹のでかいサンダル夏祭 大内田志津 平成21年11月
ヘアピンで留める前髪ヒロシマ忌 岩切 恵子 平成21年11月
休まずにうどんを啜る終戦日 石田 剛 平成21年11月
敗戦忌コップに満たす砂糖水 小川 文子 平成21年11月
パスポートもて訪ひし日よ沖縄忌 井上美知子 平成21年10月
リモコンとテレビとの距離櫻桃忌 岩切 恵子 平成21年10月
七夕や対の湯呑を買いに出る 吉野 静 平成21年10月
厠より最後の菩薩練供養 木村 修 平成21年9月
四万六千日六区にかへる日和下駄 窪本 正行 平成20年10月
信長忌すぐ裏返る首飾り 井上美知子 平成20年9月
湿りきし雷おこし傘雨の忌 今井 芳江 平成20年9月
おかわりの卵かけ飯終戦忌 今西恵美子 平成19年12月
洗濯機の脱水音やひろしま忌 大坪芙美子 平成19年12月
色あせたポケット文庫左千夫の忌 渡部久美子 平成19年11月
ひまわりをくるむ朝刊ヒロシマ忌 大坪芙美子 平成19年11月
父の日のズンドコ節に酔いつぶれ 横山 冬都 平成19年10月
父の日の机を歩く緑亀 小倉 喜郎 平成19年8月
キャラメルのおまけの玩具ひろしま忌 志水 つい 平成18年1月
掃除機に吸い込むものに祭り笛 進藤三千代 平成17年10月
梶伍長と読めし飯盒沖縄忌 樋口 進二 平成17年9月
昼灯す図書館樺美智子の忌 石川 暘子 平成16年10月
縁日のカストリ雑誌桃桜忌 安田 循子 平成16年10月
手に何も持たず茅の輪をくぐりけり 鎌坂 銀狼 平成16年9月
時の日や硬貨を入れて壜の鳴る 鈴木あきを 平成16年9月
草むらに積まるる廃車祭笛 田島 弘子 平成16年8月
斎宮と茅の輪くぐりし昼の夢 鈴木 茂実 平成15年9月
夏祭りわざとはぐれてみたりして 遠目塚信子 平成14年10月
祭りの灯はなれて土手の長かりし 永岡 小枝 平成14年9月
母の日のオキシドールが泡立てり 坂本 宣子 平成14年9月
ビン底のやうなメガネや柏餅 紀平 節子 平成14年8月
恋人にギブスしてゐる夏祭 四方 花紅 平成13年10月
顔ふって虫をよけたる祭かな 伊藤 保子 平成13年3月
父の日や晴れなば行かむ墓地さがし 田村竹次郎 平成12年10月
電柱に古き町名夏まつり 志水 つい 平成12年9月
爪磨く猫視野におり巴里祭 三島 章子 平成11年12月
父の日や芥のつまる下水管 高須賀正人 平成11年10月
母の日のもぐらの穴を跨ぎけり 坂本 宣子 平成11年9月
父の日や浴槽がまだゆれている 小川 紫翠 平成10年10月
背伸びして沖まで祓う海開 井上きくを 平成9年11月
父の日の雨粒はねるマンホール 坂本 宣子 平成9年11月
魚屋のまな板厚し祭町 志水 つい 平成9年9月
ラムネ玉ぽんと祭の音ふやす 斉藤志げ子 平成9年2月
蓋を閉め忘れたピアノ桜桃忌 本岡 敬子 平成8年10月
子供の日犬のカルテの母となる 宮川壽美子 平成8年8月
妹を乗せる約束鯉のぼり 松田眞喜子 平成8年8月
学校がいちばん暗い祭の夜 井上美智子 平成7年11月
朝風呂が先ず沸きにけり端午の日 志水 つい 平成7年10月

歳時記TOP