</TR>
  作 品 作 者 玄鳥掲載

校舎裏に未了残して卒業す 岡部 栄一 平成24年5月
野を焼いて美濃は電柱太らせる 岡部 栄一 平成24年4月
血液型の恋の運勢竹の秋 岡部 栄一 平成20年6月
行く春の夜汽車の絶えし静けさよ 岡部 栄一 平成20年6月
晩春の柱時計が嘘鳴きす 岡部 栄一 平成20年6月
綿棒で耳掻きおりぬ朧月 岡部 栄一 平成20年6月
ぎっしりと詰まる綿棒春愁 岡部 栄一 平成20年6月
空っぽの軽さよ多分春の風邪 岡部 栄一 平成20年5月
アルバムの隅の窓枠卒業す 岡部 栄一 平成19年5月

脱ぐときは和服がよろし花疲れ 土肥 幸弘 平成21年6月
もう一枚の舌は元気やさくら餅 土肥 幸弘 平成21年6月
遠景の高き煙突花疲れ 土肥 幸弘 平成20年5月
春日傘三鬼の墓に長居せる 土肥 幸弘 平成20年5月
帯を解く音の届ける春障子 土肥 幸弘 平成20年4月
天上に倦みし神々半仙戯 土肥 幸弘 平成20年3月
鞦韆漕ぐ喪服の裾をひるがへし 土肥 幸弘 平成20年3月
携帯電話の圏外にあり大朝寝 土肥 幸弘 平成19年7月
紐いふ宇宙に住みて花衣 土肥 幸弘 平成19年5月
踏青やまず中天に下駄飛ばし 土肥 幸弘 平成19年4月
春コート着る間の鞄持たさるる 土肥 幸弘 平成19年4月
夫には移したくなし春の風邪 土肥 幸弘 平成19年3月
紙風船二つの息が混りあふ 土肥 幸弘 平成19年3月
春眠や死んでゐぬかと起こさるる 土肥 幸弘 平成19年3月
春障子灯が点いてすぐ消えたきり 土肥 幸弘 平成19年3月
燻れる野火に夕闇濃くなりぬ 土肥 幸弘 平成19年3月
甘噛みを覚えし猫と春炬燵 土肥 幸弘 平成18年5月
七つ下がりの雨となりたる野焼きかな 土肥 幸弘 平成18年4月
ごまんとゐる男のために蜆汁 土肥 幸弘 平成18年4月
蜆汁一つ実を食べ吸ひ終る 土肥 幸弘 平成18年4月
青き踏むまずわが影の上に立ち 土肥 幸弘 平成18年3月
身ごもりしごと日の当る春障子 土肥 幸弘 平成17年4月
遠足の列伝令が逆行す 土肥 幸弘 平成17年4月
電車待つ遠足の列地にしゃがみ 土肥 幸弘 平成17年4月
遠足のざわめきが待つターミナル 土肥 幸弘 平成17年4月
先生とトイレに並び卒業す 土肥 幸弘 平成16年5月
書類鞄下げぶらんこに乗りに出る 土肥 幸弘 平成15年5月
摘草の一人は昭和へ行ったきり 土肥 幸弘 平成13年6月
ジーパンに目立つ腰骨青き踏む 土肥 幸弘 平成13年6月
風船の遅れがちなる肩ぐるま 土肥 幸弘 平成13年6月
海の上に休んでをりし春田打 土肥 幸弘 平成13年6月
沖へ飛ばす石の腕力落第子 土肥 幸弘 平成13年6月
人は畳に衣は壁に花疲れ 土肥 幸弘 平成13年5月
しばらくは歪んで飛べりしゃぼん玉 土肥 幸弘 平成13年4月
花見とは思えぬ足袋の汚れざま 土肥 幸弘 平成12年7月
時実新子に絞め殺されし春の夢 土肥 幸弘 平成12年7月
隣から遠出の赤子花筵 土肥 幸弘 平成12年7月
居酒屋に花見帰りの客ひとり 土肥 幸弘 平成12年6月
春灯を消し家じゅうの影を消す 土肥 幸弘 平成12年5月
春焚火一人こまめに動きゐし 土肥 幸弘 平成12年4月
春眠のあとの春愁海の旅 土肥 幸弘 平成12年4月
ぶらんこに乗物酔ひの妻を置く 土肥 幸弘 平成11年5月
遠足や髭の立派な運転手 土肥 幸弘 平成11年5月
床上げし畳にぬくみ春の風邪 土肥 幸弘 平成10年5月
つつきゐし棒を投げ込み春焚火 土肥 幸弘 平成10年4月
春焚火男ふたりがいたぶりて 土肥 幸弘 平成10年4月
へなへなと打ち返されし紙風船 土肥 幸弘 平成9年7月
暗闇を飛ぶしゃぼん玉沖しらむ 土肥 幸弘 平成9年7月
足に触れし物に拘わり春炬燵 土肥 幸弘 平成7年6月
六十年流連けのごと春炬燵 土肥 幸弘 平成7年6月

親不知子不知白子酢で啜る 鈴木あきを 平成24年7月
背丈より大きい返事入学す 新保 吉章 平成24年7月
JOKERのピエロふりむく春炬燵 神野 多根 平成24年6月
なに気なう八十八のシャボン玉 中島 道夫 平成24年6月
野を焼きて十戸の村を軽くする 原  正昭 平成24年6月
止り木の退屈な脚春愁 藤川 圭子 平成24年6月
卒業す黒板消しをはたくごと 木村 修 平成24年5月
指先に残る塩気や春炬燵 大倉 操 平成24年5月
花衣脱いで埴輪に戻りけり 木村 修 平成23年8月
鞦韆と一億光年の廃船と 岩切 恵子 平成23年8月
切れ長の埴輪の眼野火はしる 堀井 国乃 平成23年8月
花篝阿波の鳴門の芝居小屋 米山 成男 平成23年7月
耕人を構図の中に遠き富士 尾﨑トキ子 平成23年6月
鞦韆や扉を叩く音がする 岩切 恵子 平成22年8月
春闘の西口広場物産展 高橋ゆきい 平成22年7月
耕しの土握りてはこぼしけり 石井 勝美 平成21年7月
人妻となりしねえやの春ショール 安田 循子 平成21年7月
大試験安田講堂雨の中 森内 洋子 平成21年5月
伸びをする赤子の放屁しゃぼん玉 大倉 操 平成21年5月
外はパリッ中はふっくらシャボン玉 枡室 杏花 平成20年9月
蒔き終えて畝にしるしの種袋 志水 つい 平成20年6月
安全ピン三個外して卒園す 川辺智恵子 平成20年7月
紙ひこうき窓から飛ばし卒業す 石井 勝美 平成20年7月
鉛筆の行書の文字や種袋 古澤かおる 平成21年7月
春や春缶のへそくり確かめむ 安田 循子 平成20年6月
泡出して小石沈んでいく朝寝 若林 千尋 平成20年6月
ふらここの昭和ヒトケタ揺れ止まず 鈴木 茂実 平成20年5月
綿菓子の巻き込む灯り色在祭 井上きくを 平成20年2月
雨音のおさまりてきて春障子 志水 つい 平成19年9月
いま何処と問われし電話花菜漬 畠山 良子 平成19年8月
蜆汁つかうことなき和英辞書 小川 紫翠 平成19年8月
畦焼きの風の自由にさせており 岡本 博三 平成19年7月
百葉箱の鍵かけ直し卒業す 田村竹次郎 平成19年7月
春愁や回転寿司の曲り角 後藤 理勢 平成19年7月
女子寮のつっぱり棒や花菜漬 竹下由里子 平成19年7月
秤からのこぼれを足しぬ浅蜊売 志水 つい 平成19年7月
草色の菱餅が好き船が出る 大西みどり 平成19年6月
遺影の子名前呼ばれて卒業す 畑中 弘 平成19年6月
持ちあるく兜太の溲瓶ももの酒 鈴木 茂実 平成19年5月
遠野火やくらがり峠の甃 安田 循子 平成19年5月
つかみ出す猫と靴下春炬燵 水田雅吉子 平成19年5月
凩の夜に鼯鼠の字は化ける 石田 剛 平成19年3月
長椅子に五人が並び花づかれ 竹内ゆき子 平成18年8月
露天湯のダニーボーイや花疲れ 小川 文子 平成18年8月
春の風邪あなたにバトンタッチかな 後藤 理勢 平成18年7月
退屈がつまっておりししゃぼん玉 坂部まきゑ 平成18年7月
江戸名所図絵に長居し桜餅 水田雅吉子 平成18年7月
春愁や顎が芯出すボールペン 阪口 周 平成17年8月
風の吹く日にわれ死なむ半仙戯 進藤三千代 平成17年8月
先生の離婚話や春炬燵 遠目塚信子 平成17年7月
春愁や茶房の軒の括り猿 安田 循子 平成17年5月
船酔や島へ赴任の新教師 志水 つい 平成16年9月
木の上の少年の黙桜餅 小川 紫翠 平成16年8月
公園の桜見に行く屋上へ 出 日 人 平成16年7月
額田王もどき朝寝の夢の咎 本岡 敬子 平成16年7月
花菜漬古通帳の初任給 樋口登代子 平成16年6月
航跡の上に航跡春の風邪 伊藤 保子 平成15年8月
みどり児を妻に抱かせて卒業す 橘高 辰男 平成15年7月
真っ先に母が来てゐる花筵 紀平 節子 平成15年7月
一級河川ときおり凧がおりてくる 伊藤 保子 平成15年6月
大朝寝時計の顔を伏せにけり 石川エイ子 平成14年9月
ぶらんこの戻りくる時音立てり 林  梢 平成14年7月
吊皮に通す手首や花疲れ 竹中小夜子 平成14年7月
山彦は卆業の子のものなりし 八木 風衣 平成14年7月
ハーモニカ東工大の桜見に 井上美智子 平成14年7月
春愁や湯舟の蓋を屋根に干す 木村美智子 平成14年7月
ひらがなのおしながきにてわらびもち 加藤 幸子 平成14年6月
文字化けのメールが届く春の風邪 山内 宜子 平成14年5月
研修や机の上に種を蒔く 矢田 路草 平成13年8月
風船の見えて現はる乳母車 加藤 幸子 平成13年8月
灯台の影が日時計汐干狩 飯田 可耕 平成13年8月
交響曲第五茶髪の卒業生 松谷眞佐子 平成13年7月
ぶらんこはゆあーんゆよーんと子の忌日 植田 信子 平成13年7月
光琳の六枚屏風花疲れ 倉持 淑子 平成13年7月
春愁の海豚撲って帰りけり 進藤三千代 平成13年7月
観梅や遠にひかりし相模灘 加藤 幸子 平成13年6月
黒板に漢字の破片春休み 宮川壽美子 平成13年6月
宙に書くサインコサイン春の風邪 植田 信子 平成13年5月
屋上に義姉さんといてシャボン玉 小倉 喜郎 平成12年9月
花茣蓙やてるてる坊主舌を出す 西田由紀子 平成12年9月
ぶらんこを漕げりセールスマン二人 石井 勝美 平成12年9月
縦のもの横にして花疲れかな 横山 冬都 平成12年8月
雪囲い解き一村の動き出す 原  正昭 平成12年7月
下げ鞄角が捲れて卒園す 簑島 啓子 平成12年7月
国栖びとに尾が生えてくる山火かな 安田 循子 平成12年7月
給食の先割れスプーン雲雀笛 竹下由里子 平成11年7月
目刺焼く窓の高さに高速道 大西 史子 平成11年7月
落丁を恋のぶらんこにて埋めん 植田 信子 平成11年7月
飛行船顔ではじけるシャボン玉 塚 とみ子 平成11年6月
筆箱にふえたプリクラ卒業期 宮川壽美子 平成11年6月
不発弾なき国に住み青き踏む 四方 花紅 平成10年8月
つり皮の一つにふたり卒業子 井上きくを 平成10年7月
春愁や無理強いされしすずめ焼 荻野かずこ 平成10年6月
吊革の揺れてま白し春の風邪 合田 和子 平成10年5月
凧の糸終りは常にみすぼらし 桐生 俊明 平成10年4月
いっせいに鵞鳥声あぐ春帽子 坂本 宣子 平成9年8月
花衣母に藻の帯潮の帯  岡田美佐枝 平成9年7月
時刻表の枕がずれる春炬燵 阪口  周 平成9年6月
見おぼえのない皿混じる木の芽和え 中村 弘子 平成9年6月
部屋の灯をともしてよりの花疲れ 竹内ゆき子 平成8年8月
春愁や転宅の荷の中に座し 安井 史朗 平成8年8月
春休み職員室に赤ん坊 宮川壽美 平成8年7月
麦踏みの一瞬消ゆる車窓かな 鶴  星女 平成8年6月
黒船が発つ春愁の喉ぼとけ 進藤三千代 平成7年9月
ふらここのまだ揺れている朝礼台 九鬼 重子 平成7年8月
いつまでも暮れぬひと部屋花疲れ 坂部まきゑ 平成7年8月
目覚むたび満月のあり春の風邪 小塚 英子 平成7年6月

歳時記TOP