作 品 作 者 玄鳥掲載

かの川に小鮒を帰す卒業期 岡部 栄一 平成22年5月
人差し指は突きあげる指大試験 岡部 栄一 平成22年4月
靴底に豆割れる音句仏の忌 岡部 栄一 平成22年4月
万愚節オペラ座地下の竹箒 岡部 栄一 平成21年6月
目測に跳べさうな川ホワイトデー 岡部 栄一 平成21年4月
竹林を抜け来し光紙雛 岡部 栄一 平成21年4月
十二月八日客寄せの腹話術 岡部 栄一 平成21年1月
小さめのそば殻枕一葉忌 岡部 栄一 平成19年2月

類型に箪笥の上の遍路杖 土肥 幸弘 平成21年4月
廃船に残る楫音啄木忌 土肥 幸弘 平成20年6月
吐き捨てしガムの歯形や三鬼の忌 土肥 幸弘 平成20年5月
ひと晩にて生えし口髭四月馬鹿 土肥 幸弘 平成20年5月
新宿の朝の路地裏万愚節 土肥 幸弘 平成20年5月
チャイナドレスのスリットほどの四月馬鹿 土肥 幸弘 平成20年5月
雛壇のうしろは淡路闇ふかき 土肥 幸弘 平成20年3月
湯船に届く嵯峨野念仏の遠囃子 土肥 幸弘 平成18年5月
お松明果てし嵯峨野の路地の冷え 土肥 幸弘 平成18年5月
お手討に目隠し無用雛納め 土肥 幸弘 平成17年4月
新開地の角のまむし屋三鬼の忌 土肥 幸弘 平成16年6月
雛の客新聞読んでをられたる 土肥 幸弘 平成16年4月
魚の骨きれいに残し三鬼の忌 土肥 幸弘 平成15年5月
元町が出てくるバレンタインの凾 土肥 幸弘 平成14年4月
女断ちの白湯吹いて飲む三鬼の忌 土肥 幸弘 平成13年6月
雛の日や湿りの残るバスマット 土肥 幸弘 平成13年4月
起き抜けの海に道あり雛の宿 土肥 幸弘 平成13年4月
いはれなく膝つねられし雛の間 土肥 幸弘 平成11年5月
まだ温みある雛段の哺乳瓶 土肥 幸弘 平成10年5月
午後深し泥に汚れし雛の裾 土肥 幸弘 平成9年5月
補陀落や雨となりたる流し雛 土肥 幸弘 平成8年5月
雛の間に湯たんぽ下げて父佇てり 土肥 幸弘 平成8年5月
涅槃図に入る気はなし男女佇つ 土肥 幸弘 平成7年7月
雛納め電気つくころ終りけり 土肥 幸弘 平成7年6月
三鬼の忌返事するとき口ひらく 土肥 幸弘 平成7年6月

無言詣花見小路の勝手口 佐藤 美鈴 平成24年11月
鉛筆と消しゴム同居啄木忌 小川 紫翠 平成24年8月
整然と古筆手鑑西行忌 田中とき子 平成24年7月
居留地のアメリカ雑貨吉野雛 吉野 静 平成24年7月
嫋やかに舶来煙草多喜二の忌 長澤 秀花 平成22年6月
かのこの忌青年画家の美髯かな 今井 芳江 平成22年5月
脛白きアナーキストや雛祭り 進藤三千代 平成21年6月
床の間を貨車が出てゆく昭和の日 池  長子 平成20年8月
沈む日に烏帽子岩浮く実朝忌 奈須野恵美子 平成20年5月
耳掻きを捜せば終わる昭和の日 石田 剛 平成19年8月
四月馬鹿ヒッチコックのズボン吊り 安田 循子 平成19年8月
雛納明日に要らぬ灯ともしけり 本岡 敬子 平成19年6月
新しき月謝の袋啄木忌 蒲田 徹 平成18年7月
水槽の魚は西へ雛祭 小倉 喜郎 平成18年6月
雛の間昏れ残りけり縊死の足 安田 循子 平成17年6月
犬連れてメーデーの列追い越せり 西田由紀子 平成16年8月
嵯峨念仏厠のわきの立見かな 安田 循子 平成16年7月
万愚節矍鑠として死んだふり 和田 仙二 平成16年7月
よく廻る憲法記念日の風車 坂本 宣子 平成15年8月
春巻のからりと揚がり立子の忌 小川 文子 平成15年7月
白酒を侮りすぎし姉の客 佐藤とし子 平成15年6月
ワシコフと呼ばれし猫や四月馬鹿 木村美智子 平成14年9月
夫抜けし寝床の温み大石忌 津嘉山 宏 平成14年6月
後列右より二人目とんで啄木忌 進藤三千代 平成14年6月
中陰や深夜目覚める雛人形 大西 昇月 平成14年6月
加太の海女の宮の針祭り 佐藤とし子 平成14年5月
メーデーや老犬の口うごかせり 横山 久香 平成13年8月
バレンタインデー番犬の迷彩服 小川 文子 平成13年6月
難聴の耳の穴掘る四月馬鹿 掛川 孝 平成12年7月
利休忌や耳をたたんで眠る象 谷口乃布子 平成12年6月
薯に芽が出ているバレンタインデー 藤川 圭子 平成12年6月
包丁で削る鉛筆謝肉祭 今井 芳江 平成11年8月
夜のうちに刃傷ありし雛の段 新家 保子 平成11年8月
四月馬鹿改札通る肩車 岩本 康代 平成11年7月
花祭パジャマのうえにズボンはき 袴田比朗士 平成11年7月
根の国へ続く雛壇奥吉野 安田 循子 平成11年6月
雛の間にギブスの脚が投げ出さる 松尾 美子 平成11年6月
建国日鳶に盗られしハムサンド 山田 京 平成11年5月
お櫃からほのかな香り建国日 生形 好子 平成11年5月
納屋裏に棒の散乱建国日 熊田ひとし 平成11年5月
遍路宿あかがね色に老婆酔う 本岡 敬子 平成10年9月
土蔵から赤子ぞろぞろ春祭 奥野 文子 平成10年6月
玄関に消火器がある春まつり 吉野 貞子 平成10年6月
紐その他まつわる衣桁四月馬鹿 河内千保子 平成10年7月
玄関に消火器がある春まつり 吉野 貞子 平成10年7月
泊りたる宿のひと部屋雛飾る 奥野 文子 平成10年6月
改造の庫裏の明るし涅槃絵図 森田 敏子 平成10年6月
うどん屋の番号札や梅まつり 袴田 雅子 平成10年5月
置き替えてみても傾く祖母の雛 古村 寛子 平成9年6月
来客に一ト夜侵せし雛の間 藤本 和民 平成8年7月
すぐもどる消防自動車ひな明り 井上美智子 平成8年6月
雛の間を爪先立ちて通りけり 桐生 俊明 平成8年6月
鉄道に電車のもどる四月馬鹿 坂田 邦子 平成7年7月
昼暗き階段鳴るや雛飾り 水田雅吉子 平成7年6月
雛の燭雛よりほかは及ばざり 岡田 珠絵 平成7年6月

歳時記TOP