作 品 作 者 玄鳥掲載

野良猫と微妙な間合ひ懐手 岡部 栄一 平成24年2月
寒卵落せば伊曾保物語 岡部 栄一 平成24年2月
芒折れば騒がしくなる布団部屋 岡部 栄一 平成23年12月
雑炊や末の娘の握り箸 岡部 栄一 平成22年2月
両の手で塞ぐ嚔や三ノ宮 岡部 栄一 平成20年4月
日向ぼこ二階の部屋が舟になる 岡部 栄一 平成20年3月
水餠に巡航船の着く時間 岡部 栄一 平成14年4月

別れた人の禁煙パイポと冬帽子 土肥 幸弘 平成21年12月
寒燈を消し空襲の闇の中 土肥 幸弘 平成21年3月
まだ骨とならぬ水餅闇のなか 土肥 幸弘 平成21年1月
熱燗の徳利のごとき君なりき 土肥 幸弘 平成21年1月
鰭酒や銀河の端の町に棲み 土肥 幸弘 平成20年2月
煤i逃げの映画に若きバークマン 土肥 幸弘 平成20年2月
路地裏に昭和の匂ひ年用意 土肥 幸弘 平成20年2月
白息に声が追いつくささめ言 土肥 幸弘 平成19年2月
餅焼くや大河ドラマは桶狭間 土肥 幸弘 平成18年3月
次の世の段取りもして年用意 土肥 幸弘 平成18年2月
葱挟みあぐ猪鍋のカオスより 土肥 幸弘 平成18年2月
牡丹鍋だんだん顔の寄って来し 土肥 幸弘 平成18年2月
大小の白息集ふ通夜の家 土肥 幸弘 平成18年1月
寒イボの出でし徴兵検査かな 土肥 幸弘 平成18年1月
咳こらへゐし昭和史の中ほどに 土肥 幸弘 平成18年1月
紆余曲折の果ての鍋焼きうどんかな 土肥 幸弘 平成17年3月
ねんねこの紐の交はる童唄 土肥 幸弘 平成17年3月
雑炊の少し傾ぎて冷えてゐし 土肥 幸弘 平成17年3月
三味線の稽古帰りの薬喰ひ 土肥 幸弘 平成17年2月
湯たんぽの水いつまでも出てきたる 土肥 幸弘 平成16年4月
恋も敵もないわけでなし日向ぼこ 土肥 幸弘 平成16年2月
ピカソ展ねんねこの足機嫌よき 土肥 幸弘 平成16年2月
鯨幕撥ねれば倒る雪だるま 土肥 幸弘 平成15年2月
くすぶれる焚火の裾をめくりゐし 土肥 幸弘 平成14年3月
煮凝りに透く戦中の板間かな 土肥 幸弘 平成14年2月
ねんねこの赤子を泣かすため抓る 土肥 幸弘 平成14年1月
水餠の壺中に月の出る頃か 土肥 幸弘 平成13年3月
水洟や沖に散らばる新聞紙 土肥 幸弘 平成13年2月
金輪際といふ男なり冬座敷 土肥 幸弘 平成13年2月
鰭酒やポケットの中混んできし 土肥 幸弘 平成13年2月
だまされて乗る湯たんぽの波の上 土肥 幸弘 平成13年1月
鰭酒のまはって来たる観覧車 土肥 幸弘 平成13年1月
雪吊や役目果たさず外されし 土肥 幸弘 平成12年4月
寝ごこちを試してゐたり畳替 土肥 幸弘 平成12年2月
今日の音始まる前の冬座敷 土肥 幸弘 平成12年2月
狂四郎にも忍者にもなり日向ぼこ 土肥 幸弘 平成12年1月
鰭酒や大山椒魚のごとき酔 土肥 幸弘 平成11年4月
寒灯を消す隅々を確めて 土肥 幸弘 平成11年4月
竹馬の首の残れる塀の上 土肥 幸弘 平成11年3月
食堂車に熱燗が出て関ヶ原 土肥 幸弘 平成11年2月
何事にも手を挙げちゃんちゃんこの男 土肥 幸弘 平成11年1月
布団叩く妻が遠くに居りしかな 土肥 幸弘 平成10年2月
外套やどのポケットに手を入れむ 土肥 幸弘 平成10年2月
奥能登の何を見て来しふところ手 土肥 幸弘 平成10年2月
幾曲がりして通されし冬座敷 土肥 幸弘 平成10年5月
辞し去るやすぐ灯の消えし冬座敷 土肥 幸弘 平成10年5月
煮凝りや一人残りし通夜の客 土肥 幸弘 平成9年5月
外套のづかづか入りし化粧部屋 土肥 幸弘 平成9年4月
隣の席にショールを置きて居ずなりし 土肥 幸弘 平成9年4月
隣の障子開かずじまいに暮れにけり 土肥 幸弘 平成9年4月
ねんねこに手が出て海に行けという 土肥 幸弘 平成9年2月
煙草火を借る冬帽の首を曲げ 土肥 幸弘 平成9年2月
音立てぬ人の往き来や白障子 土肥 幸弘 平成8年4月
煤けるために電球はあり榾の宿 土肥 幸弘 平成8年2月
一番早く冬の灯が点く古本屋 土肥 幸弘 平成8年2月
ねんねこの中味確かめつつ歩く 土肥 幸弘 平成7年6月
牡丹鍋にごりて暮れし町の空 土肥 幸弘 平成7年6月
冬灯欲し石ころの街三ノ宮 土肥 幸弘 平成7年5月
蓮根掘るごとくに家具の海歩く 土肥 幸弘 平成7年4月
餅搗いて餅の白さに眠りけり 土肥 幸弘 平成7年3月
咳き込んで顔のどこかがこわれけり 土肥 幸弘 平成7年3月
何のためにあるおでん屋の壁鏡 土肥 幸弘 平成7年2月
悪事せしごとく大きなマスクかな 土肥 幸弘 平成7年2月
暮る丶まで湖見て嚏もらひけり 土肥 幸弘 平成7年2月

凍ゆるむ両の手だらりと垂らすとき 黒田 紅玲 平成24年6月
冬ごもり豆腐油揚買ってある 古澤かおる 平成24年4月
風垣の十戸の村の灯が漏れる 盛 みちこ 平成24年4月
たる源の湯豆腐桶の柾目かな 植田 早苗 平成24年3月
何ごともなくて夕べの根深汁 島倉 春美 平成24年3月
雨降りの一日古い毛糸玉 猿田 恭子 平成24年3月
ビードロの中の少年冬帽子 島倉 春美 平成24年2月
飯島晴子湯たんぽの水揺りやまず 竹下由里子 平成23年6月
ねんねこの子が指をさす曲り角 山根 京子 平成23年5月
縄の灰見える炉端や年の鐘 山田 美 平成23年5月
先代の大き表札焼嗅し 辻  町子 平成23年5月
バーバリのコートに日経立飲屋 樋口 進二 平成23年5月
宗教も哲学もなくマスクする 小川 紫翠 平成23年5月
風邪の子にポインセチを遠ざける 古澤かおる 平成23年4月
湯豆腐のいのちの際を掬ひけり 鈴木あきを 平成23年4月
鱈ちりや突如浮上の潜水艦 竹下 貞夫 平成23年3月
豆パンの豆が片寄る昼の火事 跡治 順子 平成23年3月
冬座敷横切る電気コードかな 加藤 幸子 平成22年5月
引金をひく手袋を脱ぎにけり 神野 多根 平成22年3月
樏を持って越後を捨てにけり 俵田美惠子 平成21年5月
水餅も胎児も夜明け海を恋う 若林千尋村 平成21年5月
八百の仮説ひとつの寒卵 木村 修 平成21年4月
母送り姑送り足袋白く干す 大坪芙美子 平成21年4月
スケートの刃を滴らせ女学生 後藤 理勢 平成21年4月
日に透きし花の切り貼り白障子 成田 照子 平成21年4月
幾年やははを身近に年用意 大西 史子 平成21年4月
煮凝や夫といふ名の魚ゐて 田村竹次郎 平成21年3月
着ぶくれて鳥獣戯画のなかにをり 横山 冬都 平成21年3月
とんぼりの風に乾きし河豚の鰭 井上きくを 平成20年5月
死者生者暗いところに寒卵 跡治 順子 平成20年5月
後の世はおでん屋台になる棺 木村 修 平成20年4月
漫画本脚立に噛ませ煤払い 渡利 寿美 平成20年4月
立読んで畳む朝刊年用意 樋口登代子 平成20年4月
冬帽を真深く昭和の中にいる 新保 吉章 平成20年4月
煤逃げの夫の行方や洛外図 東  霊女 平成20年4月
団塊の赤色エレジー水っ洟 安田 循子 平成20年4月
煤逃におぎんを連れて羅生門 窪本 正行 平成20年3月
日向ぼこだけの出演笠智衆 木村 修 平成20年3月
牧閉じて夜は魁夷の馬遊ぶ 鈴木あきを 平成20年3月
ゆず湯の香まるごとキャッチバスタオル 大西 史子 平成20年3月
日向ぼこ前のふたりを見失う 伊藤 保子 平成20年3月
埋火や妣の袢纏のたもとくそ 横山 洋子 平成19年5月
狸汁明るいうちに帰ろうか 井上きくを 平成19年5月
湯たんぽや足でパジャマの裾おろす 阪口 周 平成19年5月
どの駅で降りるつもりか毛糸編む 宗光 永治 平成19年4月
弁慶も食して見しや鮟鱇鍋 高橋 慶子 平成19年4月
懐手元より買う気などあらず 鯨井 孝一 平成19年4月
門前で買う冬帽子旅途中 石田加津子 平成19年3月
手みやげのとらやの包み冬座敷 橘高 辰男 平成19年3月
忘却といふ芸もあり日向ぼこ 多武 静也 平成19年3月
俎板を削ってもらふ風邪心地 太田 鈴子 平成19年3月
竹馬やスパナ探してたんだった 水田雅吉子 平成19年3月
たまご酒魔女のホウキで寝にゆける 松田眞喜子 平成19年2月
昼火事は川向うなり窓を拭く 久野 孝子 平成18年4月
マスクして教室といふコロシアム 榎本 太郎 平成18年4月
日記果つ形状記憶のカットソー 花坂千江子 平成18年3月
雪吊りの縄まだ青き北の街 尾崎トキ子 平成18年3月
鴨鍋や硝子の曇り拭けば湖 志水 つい 平成17年6月
河豚汁や声の大きい若女将 野間 成子 平成17年5月
見る客も並ぶこけしも懐手 長谷川純彦 平成17年5月
日向ぼこ猫に見られて爪を切る 盛 みち子 平成17年5月
錯覚のごとき昭和や冬篭り 石田 剛 平成17年5月
音楽室にバッハの視線風邪ごこち 今井 紋子 平成17年4月
焚火の輪中の一人が火を育て 井上きくを 平成17年4月
風呂吹きを吹く小男と大男 石田 剛 平成17年4月
モーゼスの絵の中にゐし日向ぼこ 太田 鈴子 平成17年4月
ストーブを焚けば朝刊匂い出す 出 日 人 平成17年3月
昼火事やマニキュアが剥げかけている 植田 信子 平成17年3月
冬帽子頬杖をつくチョン・ミンス 小倉 喜郎 平成17年2月
埋火を文箱に殖やし夜の雨 植田 信子 平成17年2月
いつまでもホームにおりし冬帽子 鈴木 弘子 平成16年6月
置炬燵従姉に足をつねられし 樋口 進二 平成16年5月
雪だるま我が身代わりに置いてきし 本岡 敬子 平成16年5月
大君の兵着膨れて妻と棲む 八木 風衣 平成16年5月
最澄の山風わたる干大根 安井 史朗 平成16年5月
筒っぽや昭和は遠き縄飛歌 安田 循子 平成16年5月
闇汁や鼠くわえし猫背戸に 樋口 進二 平成16年4月
サインペンきゅきゅと音して風邪ごこち 坂本 鯨子 平成16年4月
埋み火や古き手帖に男の名 安田 循子 平成16年4月
水洟やビリケンいつも小声なる 進藤三千代 平成16年4月
するすると父が解けゆく毛糸玉 久保 俊一 平成16年4月
たのまれし茎石一つ持て余す 熊田ひとし 平成16年4月
河豚鍋や壁に掛けあるピカソの絵 新井  裕 平成16年3月
玉の緒よラクダのシャツの様な恋 鈴木 令子 平成16年3月
午後の日の当たる空瓶日記買う 坂本 宣子 平成16年3月
風邪熱や夜行列車となる背骨 植田 信子 平成16年2月
日曜の屋根花柄の干し布団 志水 つい 平成15年7月
探梅や行きも帰りも眉毛掻く 出 日 人 平成15年5月
ちゃんちゃんこ兵法の書を座右とし 八木 風衣 平成15年5月
弔ひのまづ股引きを穿きにけり 井上美智子 平成15年5月
火事の樹を探しに行きし掌 岡田美佐枝 平成15年4月
遠いテロねんねこに嬰の足がでて 山崎冨美子 平成15年4月
私小説めき毛糸玉転がりぬ 新井 裕 平成15年3月
着ぶくれて月に旅立つごとくなり 鈴木あきを 平成15年3月
いつだって年頃なのよなめこ汁 後藤 理勢 平成15年3月
ストーブの灯に牧水の歌集読む 出 日 人 平成15年2月
体温を毛布に移しみまかれる 鈴木あきを 平成15年2月
湯たんぽはとぷんとぷとぷ水抜かれ 石田 剛 平成14年6月
研ぎ癖のつきし砥石や干菜風呂 竹下由里子 平成14年5月
寒卵大型トレーラー過ぎる 坂本 宣子 平成14年5月
裏山の電話番号根深汁 山内 宜子 平成14年4月
チェンソーに僕近づいて冬休み 井上美智子 平成14年4月
白足袋のつながり行きし日暮れかな 太田 まさ 平成14年3月
昼の酒開けても開けても白障子 若林 千尋 平成14年3月
ひとつずつ灯が点る町雪見酒 瀬山 賤女 平成13年6月
みずうみや堅田の町の白障子 志水 つい 平成13年6月
寒稽古終りしピザのトッピング 荻野 美保 平成13年5月
何処へと聞かれておりし冬帽子 高田 文治 平成13年5月
片方はくたりと折れしブーツかな 伊藤 保子 平成13年5月
ヒーターは埃の匂い初炬燵 長谷川純彦 平成13年4月
映画観に行く気はんぶん干布団 水田雅吉子 平成13年4月
逆立ちをして大襖倒しけり 西田由紀子 平成13年3月
木の下を掃き雪吊りの終りけり 坂部まきゑ 平成13年3月
ポケットのマスクの中の恋の菌 桝室 杏花 平成12年6月
風邪声のアナウンサーやごぼう巻 竹下由里子 平成12年5月
肯定の父の一語や白障子 横山 冬都 平成12年5月
見比べる見合ひ写真と日向ぼこ 木村 理勢 平成12年4月
酔い醒めに立ちはだかりし白障子 植田 信子 平成12年4月
リムジンを脚から降りる裘 倉持 祐浩 平成12年3月
黒板に先生風邪と大きな字 井上きくを 平成11年5月
手袋に指の包帯とられたり 鈴木 弘子 平成11年4月
神木に五・六人いる年用意 辻  町子 平成11年4月
白障子しずかに鮮血待っており 新保 吉章 平成11年4月
コンビニのおでん楽しき独り者 鈴木 弘子 平成11年3月
この部屋が好きで転がる毛糸玉 安井 史朗 平成10年5月
背を向けて話の遠くなる焚火 三島 章子 平成10年4月
恋人は素顔で風邪の神つれて 植田 信子 平成10年4月
寺の客障子ほそめに通される 本岡 敬子 平成10年3月
障子の穴あれば覗きて昼の茶屋 袴田比朗士 平成10年3月
嗅ぎてより巻くマフラーは夫のもの 山崎冨美子 平成10年2月
帰り来し樏の紐棒のごと 中村 子鶯 平成9年6月
湯豆腐のやさしく箸にさからひぬ 斉藤志げ子 平成9年5月
雪吊りの縄の一本遊びおり 片岡 禎子 平成9年5月
足の爪剪るに炬燵を這いだせる 山崎冨美子 平成9年5月
煤掃のはこぶ鏡に写る顔 宮木とよほ 平成9年4月
吉良の忌や障子を移る木々の影 安井 史朗 平成9年4月
屋上に昼月懸る年忘 熊田ひとし 平成9年4月
早引けの少年に海寒卵 太田 鈴子 平成9年4月
風邪の引きはじめ正午の鳩時計 本岡 敬子 平成9年3月
眉引きし母鷹匠の顔となる 兼平 栄 平成9年2月
冬帽子鰻を食ひに誘ひ出す 前山 厚子 平成9年2月
ふくろふの顔しておりぬ寒卵 木村美智子 平成8年7月
カーテンをはねて家出るスキー板 坂本 宣子 平成8年6月
ポケットに宿の鍵ありおでん酒 井上きくを 平成8年5月
コーヒーの冷める速度や日向ぼこ 若林 千尋 平成8年4月
粥噴くをなだめなだめて風邪心地 奥野 文子 平成8年4月
にぎやかな声散らばりぬ昼の火事 前山 厚子 平成8年4月
ダンディで通すお方や冬帽子 佐藤むつみ 平成8年3月
たまご酒都会はガラスばかりなり 松田眞喜子 平成8年3月
安否まだ浜の焚火に届かざる 中村 子鶯 平成8年3月
足音の嚏するとき立ち止まる 長澤 秀花 平成8年3月
五六人ともかく焚火はじめけり 袴田比朗士 平成7年6月
マスクしてマスクの人に近よらず 佐藤むつみ 平成7年5月
セーターから首出て今日のはじめかな 坂本 宣子 平成7年5月
通された障子の部屋にまだひとり 志水 つい 平成7年5月
煮凝りの肩胛骨よ震災よ 岡田美佐枝 平成7年5月
灸院の浮世床めく大火鉢 横山 冬都 平成7年4月


歳時記TOP