作 品 作 者 玄鳥掲載

タンカーの艫の丸みや春隣 岡部 榮一 平成24年2月
難破船のような納戸や十二月 岡部 榮一 平成24年1月
深海魚生れる冬の美術館 岡部 榮一 平成23年3月
テロリスト眠りぬ冬のガラス壜 岡部 榮一 平成23年2月
数え日の床屋の週刊新潮誌 岡部 榮一 平成23年1月
一月の柱は眠つてをりしかな 岡部 榮一 平成22年3月
茶箪笥の親爺の銚釐寒に入る 岡部 榮一 平成22年2月
月順に並べて括る十二月 岡部 榮一 平成22年2月
あらたまの先ずは便座の温みかな 岡部 榮一 平成22年1月
豆を煮るカセットコンロ大晦日 岡部 榮一 平成22年1月
大歳の火守を賜う三国志 岡部 榮一 平成22年1月
一月の海暗ければ石を投ぐ 岡部 榮一 平成21年3月
蟹工船に一月の雨の音 岡部 榮一 平成21年3月
わらべ唄鏡が照らす冬の壁 岡部 榮一 平成21年3月
極月やおいてけぼりの竜之介 岡部 榮一 平成21年1月
少し減るボールの空気十二月 岡部 榮一 平成20年3月
鏡台に冬のうねりのありしかな 岡部 榮一 平成20年3月
まどろみの中のまどろみ日の短 岡部 榮一 平成20年3月
十二月もっとも遠き鼻の先 岡部 榮一 平成20年2月
ハンガーに妻の四温の服かかる 岡部 榮一 平成19年5月
抽斗を空っぽにする十二月 岡部 榮一 平成19年3月
捨て箱にガラス器注意神無月 岡部 榮一 平成14年2月
ラテン系に蒟蒻ちぎる十二月 岡部 榮一 平成12年4月
歳末の頭髪料の匂いかな 岡部 榮一 平成10年4月

冬の暮隣の象を借りて出る 土肥 幸弘 平成21年12月
大寒の影を剥がせりなまこ壁 土肥 幸弘 平成21年2月
標的や寒の明るき交差点 土肥 幸弘 平成21年2月
騎馬かけるため一月の山野あり 土肥 幸弘 平成21年2月
一月の犬居酒屋に主待つ 土肥 幸弘 平成21年1月
天折てふ言葉きらきら除夜の空 土肥 幸弘 平成20年2月
ボーリングほどに徳利が倒れ除夜 土肥 幸弘 平成20年2月
少し軽き頭と替へむこの冬は 土肥 幸弘 平成19年2月
たんねんに髭剃り誰も来ぬ三日 土肥 幸弘 平成19年2月
逆立ちの手に元旦の畳かな 土肥 幸弘 平成19年2月
鶏がみな木に登り十二月 土肥 幸弘 平成19年1月
ひとの影と取り違へたり冬の暮 土肥 幸弘 平成19年1月
文机の榠樝の影も冬に入る 土肥 幸弘 平成19年1月
引く濤に三鬼の声を聞く寒暮 土肥 幸弘 平成18年1月
霜月や置けば音たて箸茶碗 土肥 幸弘 平成18年1月
冬立つや一分写真の箱の中 土肥 幸弘 平成18年1月
大学病院前のバス停十二月 土肥 幸弘 平成17年1月
老斑のにぎやかに出し小春かな 土肥 幸弘 平成17年1月
箔足に冬の翳ある屏風かな 土肥 幸弘 平成16年12月
犬小屋に客の下駄ある小春かな 土肥 幸弘 平成15年12月
節分の護摩のほてりを持ち帰る 土肥 幸弘 平成15年4月
除夜釜の燭に艶めく手首かな 土肥 幸弘 平成14年2月
居酒屋に影と落ち合う冬至かな 土肥 幸弘 平成14年2月
枕絵を冬の金魚と倶に飼ふ 土肥 幸弘 平成14年1月
幸弘てふ冬のホテルの聖書かな 土肥 幸弘 平成13年2月
キリストほどの銭持って出る師走かな 土肥 幸弘 平成13年2月
よく噛んでご飯を食べて冬の暮 土肥 幸弘 平成13年2月
掌に残る硬貨のにほひ冬の暮 土肥 幸弘 平成12年2月
後ろに誰もゐない行列日短か 土肥 幸弘 平成12年2月
他人の家に帰り来しごと冬の暮 土肥 幸弘 平成10年2月
朝からの蠅がまだ居て冬の暮 土肥 幸弘 平成10年2月
よく馴つくバーチャルペット冬の昼 土肥 幸弘 平成10年1月
先頭を見届け列につく寒暮 土肥 幸弘 平成9年4月
行く年の背中のごとく山の影 土肥 幸弘 平成9年3月
行く年をメリケン波止場に見送りし 土肥 幸弘 平成9年3月
冬至かぼちやも裏の更地も暮れにけり 土肥 幸弘 平成9年3月
少し寝て飯を食いたる冬の昼 土肥 幸弘 平成9年2月
一つ消え一つ灯がつく寒暮かな 土肥 幸弘 平成8年4月
瞬かぬ目玉がありぬ寒の暮 土肥 幸弘 平成8年4月
瓦礫の上に昼の火を焚く十二月 土肥 幸弘 平成8年3月
枕辺に薬飲む水十二月 土肥 幸弘 平成8年2月
傾きし柱の疲れ冬深き 土肥 幸弘 平成7年5月
寒の闇ゆく金色の眼もち 土肥 幸弘 平成7年4月
壁に手が生えてまさぐる冬の闇 土肥 幸弘 平成7年4月

天窓の広き図書館日脚伸ぶ 田村竹次郎 平成24年5月
冬深し毎日使う皿小鉢 石井 勝美 平成24年5月
貼り紙が一枚増えて年詰まる 進藤 芙蓉 平成24年4月
菊坂のつかはぬ井戸や大晦日 上山 晶子 平成24年4月
本籍は針葉樹の森冬来る 木村 和芳 平成24年3月
江田島に回天を訪ふ十二月 樋口 進二 平成24年3月
ジッポーの着火の匂ひ冬に入る 米山 茂男 平成24年2月
立冬や重石は塩で磨かるる 鈴木あきを 平成24年2月
御殿山は浮世絵の中冬の街 小林 妙子 平成23年5月
プランターに象のミニチュア寒波来る 猿田 恭子 平成23年4月
牛飼いの白い長靴小六月 串間けい子 平成23年3月
味噌部屋の明り取り窓冬の朝 植田 早苗 平成23年3月
恐竜が蔵に納まる十二月 島倉 春美 平成23年3月
冬うらら金子兜太のスクワット 今井 紋子 平成23年3月
大寒やポールを叩く旗の紐 榎本 太郎 平成22年5月
新弟子の小さき髷や寒の入り 小池紀代美 平成22年4月
一月の牛は真綿のひかりなり 鈴木あきを 平成22年4月
五グラムのスプンの凹み寒に入る 石田 剛 平成22年4月
二の腕の冬暁にほの白し 松田眞喜子 平成22年4月
冬ざれや真夜の座敷の般若面 斎藤 雅宣 平成22年3月
冬の雲入れてバケツの水放つ 石川 暘子 平成22年3月
冬健診の予約残りし古暦 平井知志子 平成22年3月
恋路ヶ浜愛の鐘打つ冬岬 成田 照子 平成22年3月
バゲットを提げて小春の北野坂 宮下久美子 平成22年2月
引き売りが時雨をつれて京の橋 豊田 幸枝 平成22年2月
初しぐれ離宮に小さき御幸門 山内 宜子 平成22年2月
春近し魚眼レンズに妻の貌 島倉 春美 平成21年5月
立冬や土間にこぼるる米の音 木村 修 平成21年3月
オムレツにバターひと欠け冬隣 石田 剛 平成21年3月
戯れに男の上着日脚伸ぶ 猿田 恭子 平成20年5月
人日や無性にピザが食べたくて 佐藤 美鈴 20年4月
乳液の瓶逆さまに年終る 阪口 周 20年4月
福助の厚い座布団小六月 宮下久美子 20年3月
両足を伸ばし「土」読む小春の日 島倉 晴美 平成20年2月
指鉄砲標的赤い冬灯台 大西みどり 平成19年4月
豆腐屋のおかん不機嫌冬に入る 森内 洋子 平成19年3月
小春日や肩のいんこの獣臭 小川 都 平成19年2月
あたたかや少しいびつな握り墨 河面 哲子 平成18年6月
春隣牛に聞かせるモーツアルト 豊田 幸枝 平成18年6月
春隣ピノキオのいる骨董屋 花坂千江子 平成18年5月
電車道に昭和取り残され小春 安田 循子 平成18年4月
仮橋が架かりまるごと冬ざるる 跡治 順子 平成18年4月
極月の知らない町に入りけり 村松かよ子 平成18年3月
仲見世の裏は風みち十二月 登坂 章一 平成18年3月
小六月でんぐり返る森光子 西田 浩之 平成18年3月
鳥籠に十一月の日差しかな 橘髙 辰男 平成18年3月
立冬や龍馬と並び沖を見る 坂本カジキ 平成18年2月
ビリケンの足裏の傷も小六月 鈴木 茂実 平成18年2月
春近き道頓堀を歩きけり 太田千代子 平成17年5月
十二月八日特訓のペン習字 菅谷 香苗 平成17年4月
ハンドルの絡む駐輪日の短 坂口 周 平成17年3月
小春日のぎったんばっこん尼僧来る 松谷眞佐子 平成17年3月
年の瀬の月を見に出る肩車 熊田ひとし 平成17年3月
足乳根の土偶のいぶき冬ぬくし 鈴木 茂実 平成17年2月
春隣二人で納屋の戸を開ける 津嘉山 宏 平成16年6月
マッチする父母も見し冬景色 小川 紫翠 平成16年6月
女子寮の煮炊きの気配春隣 小川 文子 平成16年5月
十二月八日床屋に目をつぶり 井上きくを 平成16年4月
物干に残る雑巾日の短 坂口 周 平成16年3月
ボス猫の着地決まらず春隣 鈴木 茂実 平成15年5月
定位置の薬袋に日脚伸ぶ 荻野 美保 平成15年5月
一足だけの黒い長靴寒に入る 石田 剛 平成15年5月
コーヒー熱しビュッフェ好みの冬並木 樋口 進二 平成15年4月
メビウスの輪のごと師走暮れにけり 若林 千尋 平成15年4月
極月の畳を拭くに後ずさる 吉野 貞子 平成15年4
壇ノ浦乳のあたりに冬が来る 島倉 春美 平成15年3月
まっさらな畳の通る十二月 石田 剛 平成15年3月
三寒や夜干しパンツの星条旗 水田雅吉子 平成15年3月
歳の暮コロ付きの椅子逃げたがる 坂本 宣子 平成15年3月
大寒や電柱を出る影法師 西田由紀子 平成14年5月
十二月八日「イマジン」流る朝 今井 紋子 平成14年4月
数え日や濡れ手に受けるアリナミン 岡田 珠絵 平成14年4月
短日や青竹踏のあるキッチン 田村竹次郎 平成14年3月
鶏小屋に雨傘倒れ十二月 進藤三千代 平成14年3月
小春日の午後マイセンのレモンティー 鈴木 令子 平成14年2月
エディプスも帯も畳も春隣 若林 千尋 平成13年6月
住の江の沖のタンカー春隣 鈴木 令子 平成13年5月
金網に鶏がぶつかる年の暮 佐々木江美子 平成13年5月
凍る夜の手にあたたかき夫の尿 源田ひろ江 平成13年5月
ドア止めにサンダル挟む春隣 横山 冬都 平成13年5月
押入れの腋毛自在に増えて冬 若林 千尋 平成13年4月
門限は無し底冷えの屋台かな 石田 剛 平成13年4月
戦争ごっこに捕虜という役十二月 椎野 正郎 平成13年4月
剽軽に足の爪とぶ十二月 東  霊女 平成13年4月
短日の影を車に轢かれけり 木村 理勢 平成13年3月
立冬や定規で結ぶ点と点 鈴木あきを 平成13年3月
長靴に足深く入れ十二月 石田 剛 平成13年3月
ゆで卵四温の幹でわりにけり 志水 つい 平成12年6月
凹凸の画数読めず春を待つ 盛野 成信 平成12年5月
馬跳びの台が咳込む十二月 倉持 淑子 平成12年4月
大年の壁にぶつかる母の尻 坂本 宣子 平成12年4月
魔術師のアトリエ冬の水族館 倉持 祐浩 平成12年4月
年の夜やリセットボタン押してみる 木村 理勢 平成12年3月
小春日の畳を通る馬穴かな 坂本 宣子 平成12年2月
なに入れし棚の紙箱冬に入る 袴田比朗士 平成12年2月
電話みな妻の用事や師走風 荻野 美保 平成11年4月
格言で始まる書物冬に入る 西崎美樹子 平成11年4月
大年の汽車の座席のうしろむき 岡田勢津子 平成11年4月
渡されし濡れたつり銭十二月 岡田 克子 平成11年3月
短日やポストの前で字を直す 岩本 康代 平成11年3月
腕からこぼれる雑誌日の短か 坂本 宣子 平成11年3月
短日や大きな耳の人に逢う 岡田勢津子 平成11年3月
狂うかも知れぬ直線書いて冬 金子八重子 平成11年2月
庭ぼうきに寝癖がありて春隣 江村 博子 平成10年6月
足入れて他人の靴や春隣 本岡 敬子 平成10年6月
大寒の耳立ち止まる地下隋道 篠崎 睦美 平成10年5月
化粧水と刃物がならぶ春隣 上野 菊女 平成10年5月
父という上り框や春隣 若林 千尋 平成10年5月
髭剃らぬ冬菜園のソクラテス 桐生 俊明 平成10年5月
短日や戻りし家に時計鳴る 志水 つい 平成10年4月
冬ざれや瞼おもたき聖マリア 篠崎 睦美 平成10年3月
小春日や友の赤子をそっと抱く 猿田 恭子 平成10年3月
小春日を入れて裏から撮るわが家 上野 菊女 平成10年3月
菜箸の別々に浮く十二月 中邨 安栄 平成10年3月
冬廊下館長室に突きあたる 井出 栄子 平成10年3月
冬暁貸したままなる父・梯子 水田雅吉子 平成10年2月
幼な子が時間を聞けり日脚伸ぶ 福田 秀子 平成9年7月
春隣青年に似しインク壺 石塚さくら 平成9年5月
大年の踊り場じゃまな箱ひとつ 志水 つい 平成9年4月
電話帳を踏み台に足す十二月 津嘉山 宏 平成9年3月
短日の時計の電池かえにけり 小川 紫翠 平成9年3月
短日や秤の針の戻る音 本岡 敬子 平成9年2月
妻という不思議な隣人小六月 木村美智子 平成9年2月
エプロンにポケットひとつ春隣 辻  町子 平成8年6月
首都寒し日の当たりたる象の鼻 山内 宜子 平成8年5月
百の窓灯して百の春隣 新保 吉章 平成8年5月
蛍光灯くたびれている十二月 中村 子鶯 平成8年4月
切身魚と六法全書年終る 井出 栄子 平成8年4月
老猫を足でずらせり十二月 山崎冨美子 平成8年4月
朝粥の辺りしずかに冬立ちぬ 袴田ゆうほ 平成8年3月
折鶴を未生の国へ翔たす冬 植田 信子 平成8年3月
紙を切る音がきこえる冬の家 進藤三千代 平成8年3月
冬のバス隣りの人に時間聞く 中邨 安栄 平成8年3月
小春日や睡りに入りし小さき指 植田 信子 平成8年2月
屑篭の底をはたけり春隣 志水 つい 平成7年8月
葬式にはじめて降りる冬の駅 小川 紫翠 平成7年7月
天地凍つ三角形の靴の音 藤本 和民 平成7年5月
氷のうの中ではじける冬花火 寺嶋 幸子 平成7年5月
学校がいちばん高い冬の村 久根 純司 平成7年5月
先に来るナイフとフォーク暮早し 小川 文子 平成7年5月
転生や冬の廊下に吊り鏡 横山 冬都 平成7年5月
陽の匂い婚の終わりし冬の家 上野 菊女 平成7年4月
冬至の陽ひととき照らす古畳 中村 弘子 平成7年4月
門くぐりすこし間がある冬の家 伊藤風見男 平成7年4月
石入れて極月の庭整えり 松橋紀代二 平成7年3月
終い湯の石鹸うすし十二月 竹下由里子 平成7年3月
短日や今置きし荷につまずきぬ 宗光 永治 平成7年3月
立冬や声をはばかり墨書展 坂部まきゑ 平成7年2月


歳時記TOP