作 品 作 者 玄鳥掲載

片時雨京人形の盆の窪 岡部 榮一 平成20年2月
木枯しの有為の奥山おぶい紐 岡部 榮一 平成20年2月
夕暮の刈田に鳥を抱きしめる 岡部 榮一 平成20年1月

パワーショベル休む枯野に顎あづけ 土肥 幸弘 平成17年3月
狐火の中の一つが急ぎけり 土肥 幸弘 平成17年3月
靴音が揃へりいつか来た枯野 土肥 幸弘 平成16年3月
プラトンといふ犬を連れ枯の土手 土肥 幸弘 平成16年1月
人体模型キコキコ歩く枯野原 土肥 幸弘 平成16年1月
夜尿症の子よ狐火の夜ごと現れ 土肥 幸弘 平成16年1月
打ちし釘壁をつらぬく軒つらら 土肥 幸弘 平成16年1月
振り向けば道起ちあがる枯野かな 土肥 幸弘 平成16年1月
触るるたび冬田の棒の伸びてゐし 土肥 幸弘 平成15年4月
擂粉木に枯野と同じ日が当る 土肥 幸弘 平成14年1月
征露丸の喇叭の鳴りし雪の嶺 土肥 幸弘 平成13年4月
なかなかに眠らぬ山を窓に置き 土肥 幸弘 平成12年2月
山眠る滅多な事で起すなと 土肥 幸弘 平成8年2月
枯野ゆく胴に手足を付けてゆく 土肥 幸弘 平成7年3月

冬の波寄せる酒場のギムレット 太田 鈴子 平成24年5月
どこまでも梯子逃げゆく枯野かな 木村 修 平成24年4月
きっかけはガム踏んだこと鴨の池 畠山 桂泉 平成24年4月
初氷東照宮の眠り猫 青山 敏之 平成24年3月
鳥獣の息ととのえて枯の山 横山 久香 平成24年3月
山眠る本の置場となる階段 宮川壽美子 平成23年5月
包丁に一と筋寒の水走る 加藤 幸子 平成23年4月
雪の村水だけ動く真昼かな 吉野 静 平成23年4月
目を閉じて産毛剃られる時枯野 木村 修 平成23年3月
白い猫跳ぶしんかんと冬の井戸 開発 清二 平成23年2月
グランドの隅の雪山チャイム鳴る 松谷眞佐子 平成22年5月
しんがりの長靴が割る初氷 松谷眞佐子 平成22年4月
連禱という名の句集冬の海 宮川壽美子 平成22年4月
氷柱太る月の光を吸い込んで 松田眞喜子 平成21年5月
擦れ違う我を見送る枯野道 鈴木 茂実 平成20年3月
眠る山墓にボトルの水そそぐ 石川 すみ 平成18年4月
綿菓子の中心に棒山眠る 坂本 宣子 平成17年3月
鬼火見しは歯磨がまだ粉のころ 新井 裕 平成16年5月
金輪際転生はなし冬の海 盛野 成信 平成14年3月
狐火や一番風呂は湯の荒し 下野 栄子 平成13年3月
枯原に木の椅子ミサの始まりぬ 山内 宜子 平成12年3月
語り部や座り胼胝とも枯野とも 植田 信子 平成10年3月
ベランダの上から呼ばれ軒氷柱 坂口 周 平成9年5月
山眠る地震の日よりの抱き人形 梅田 恵子 平成8年5月
冬の河太く流れて終の町 石田 剛 平成7年6月
黙祷の背は冬濤の中にあり 植田 信子 平成7年6月
垢抜けた大人の関係冬の波 若林 千尋 平成7年4月


歳時記TOP