作 品 作 者 玄鳥掲載

木の実降る志功破顔の丸眼鏡 岡部 榮一 平成24年12月
おしゃぶりは夢見の初め花木槿 岡部 榮一 平成24年11月
牛膝グリコおまけの豆玩具 岡部 榮一 平成24年10月
出奔の草鞋に生えし曼珠沙華 岡部 榮一 平成23年12月
初めての上野は母と菊のころ 岡部 榮一 平成23年11月
軍手吊る工場の昼鶏頭花 岡部 榮一 平成23年10月
穂のごとき阿修羅の眉根ほととぎす 岡部 榮一 平成23年8月
石仏の太き錠前木守柿 岡部 榮一 平成23年1月
ベルひとつ鳴らせば動くすすき原 岡部 榮一 平成22年11月
み芳野の水音まろし散り紅葉 岡部 榮一 平成21年12月
烏瓜見返り美人の玉むすび 岡部 榮一 平成21年12月
雑木紅葉箪笥に探すサスペンダー 岡部 榮一 平成21年12月
黄落を一目散に逃げている 岡部 榮一 平成21年1月
グーを出すアインシュタイン秋桜 岡部 榮一 平成20年12月
敷島に穴をあけたる烏瓜 岡部 榮一 平成20年12月
アルマイトの日の丸弁当鳳仙花 岡部 榮一 平成20年12月
吟行の雨の佳きかな花木槿 岡部 榮一 平成20年11月
ソクラテスのようなあぶくや花芒 岡部 榮一 平成20年11月
妹が兄ちゃんを呼ぶ黍畑 岡部 榮一 平成20年10月
建てかけの扉がひとつ芒原 岡部 榮一 平成20年1月
箒目や鳥発ち紅葉かつ散りぬ 岡部 榮一 平成20年1月
組体操の無為の天辺からす瓜 岡部 榮一 平成20年1月
黄落や窓辺にピエロ眠らせる 岡部 榮一 平成19年2月
黄落や我楽苦多市のチャップリン 岡部 榮一 平成17年2月
親指に関節ひとつ烏瓜 岡部 榮一 平成13年2月
非常ベル鳴り止む廊下黄落期 岡部 榮一 平成12年1月
カジュアルな男でありぬ鶏頭花 岡部 榮一 平成8年1月

西国は外様の多し曼珠沙華 土肥 幸弘 平成21年12月
曼珠沙華納屋に覚えの母の釘 土肥 幸弘 平成21年11月
コンクリートのむき出しの部屋曼珠沙華 土肥 幸弘 平成21年11月
いづれは渡るこの芒野の丸太橋 土肥 幸弘 平成21年11月
泣くために生まるる赤子芒原 土肥 幸弘 平成21年11月
柿博打嬶に負けてふて寝かな 土肥 幸弘 平成21年10月
桃吹くや忘れられたる字一つ 土肥 幸弘 平成21年10月
桃吹くや歌詞分からねど唄流る 土肥 幸弘 平成21年10月
祇王寺に隣る竹薮からす瓜 土肥 幸弘 平成20年12月
猫来ると先ずコスモスが感じをり 土肥 幸弘 平成20年12月
ぎんなん匂ふ安田講堂ありし道 土肥 幸弘 平成20年11月
目つむればうすら笑ひのからす瓜 土肥 幸弘 平成20年11月
アンチ巨人と釣書にあり竹の花 土肥 幸弘 平成20年7月
寝る前の景色の隅のからす瓜 土肥 幸弘 平成15年12月
瓢の笛木乃伊の声を出しにけり 土肥 幸弘 平成15年12月
口紅のメモ書きがあり雁来紅 土肥 幸弘 平成15年12月
黄落や家族の数の皿汚れ 土肥 幸弘 平成15年12月
正座していまだ桔梗とはなれず 土肥 幸弘 平成15年10月
終ひ湯を落とすやなだれくる芒 土肥 幸弘 平成15年1月
柿食ふや屑籠ここにあったはず 土肥 幸弘 平成15年1月
昔はありし嫂直し花木槿 土肥 幸弘 平成15年1月
鎌倉彫ギャラリーの前銀杏散る 土肥 幸弘 平成18年12月
吟行写真に二人足らざりこぼれ萩 土肥 幸弘 平成18年12月
彼の姓気に入ってゐる吾亦紅 土肥 幸弘 平成18年12月
生霊や芒の闇の水たまり(砥峰高原吟行) 土肥 幸弘 平成18年11月
近松の女の一途鷹の爪 土肥 幸弘 平成18年11月
身ごもりしはかの瓢箪をなでしより 土肥 幸弘 平成18年11月
死者の時間生者の時間すすき原 土肥 幸弘 平成18年10月
芒原昭和の昼のつづきをり 土肥 幸弘 平成18年9月
人の居ぬときを選びてひょんの笛 土肥 幸弘 平成17年1月
手のあまた生えし外科棟曼珠沙華 土肥 幸弘 平成16年12月
撫でられて太る糸瓜や抜け小路 土肥 幸弘 平成16年12月
鉾を待つ焼栗売場に尻あづけ 土肥 幸弘 平成16年11月
調伏といへど色事真蔦原 土肥 幸弘 平成16年11月
踏台の下に噛みたる木の実かな 土肥 幸弘 平成16年11月
黄落や人集まれば輪をつくり 土肥 幸弘 平成16年10月
歯ブラシが来て朝顔の花数ふ 土肥 幸弘 平成16年10月
鬼柚子や梁山泊の夢を見て 土肥 幸弘 平成16年2月
恋人の証にくれしリンゴ飴 土肥 幸弘 平成16年2月
駈けのぼる鱗の衣すすき山 土肥 幸弘 平成14年12月
この先は一方通行鳳仙花 土肥 幸弘 平成14年12月
トランポリンの宙に足首秋ざくら 土肥 幸弘 平成14年12月
爪立てば見ゆる晩年糸瓜棚 土肥 幸弘 平成14年10月
金峰山へ迅き雲ゆく烏瓜 土肥 幸弘 平成14年1月
鼻先に絞めやすき首秋ざくら 土肥 幸弘 平成13年12月
黄落や三角定規の丸き穴 土肥 幸弘 平成13年12月
桃の中隣り合わせに寝間仏間 土肥 幸弘 平成13年9月
種多き西瓜一片賜りぬ 土肥 幸弘 平成13年7月
下町の寄席の看板熟れ石榴 土肥 幸弘 平成13年1月
黄落や巨き拳が遠ざかる 土肥 幸弘 平成12年12月
月に一度満月はあり茸山 土肥 幸弘 平成12年12月
熟れざくろ痰のからみし声をだす 土肥 幸弘 平成12年11月
首一つ乗せ黄落のエレベータ 土肥 幸弘 平成12年11月
黄落や男に肩を貸してゐし 土肥 幸弘 平成12年10月
紅葉かつ散るカツ丼を待つ間かな 土肥 幸弘 平成12年1月
笑ひ茸食ひたる人とまた遇ひし 土肥 幸弘 平成12年1月
自然薯の思案のさまに曲りたる 土肥 幸弘 平成12年1月
独語してひとり笑ひの鶏頭花 土肥 幸弘 平成11年12月
寝巻の紐すぐにほどけて猫じゃらし 土肥 幸弘 平成11年12月
外野の一人いちじくいでゐたりけり 土肥 幸弘 平成11年11月
ひょんの実や飯どきとうに過ぎてゐし 土肥 幸弘 平成11年11月
紅葉窯百鬼夜行の眼が囲む 土肥 幸弘 平成11年2月
ボンネット開けたままなり芒原 土肥 幸弘 平成10年12月
雲を填める壜詰工場猫じゃらし 土肥 幸弘 平成10年11月
雲流る三鬼の崖の曼珠沙華 土肥 幸弘 平成10年11月
城を見に来て曼珠沙華見て帰る 土肥 幸弘 平成10年11月
祖谷の天拓きて蕎麦の花咲かす 土肥 幸弘 平成10年9月
ポケットのラジオの時報草の絮 土肥 幸弘 平成10年1月
白桃ほどの握り心地と思ひけり 土肥 幸弘 平成9年12月
榠樝の実歯に合ふ恋もなくなりし 土肥 幸弘 平成9年11月
掃除機が廊下を通る黄落期 土肥 幸弘 平成9年1月
草の絮飛ぶや真昼のおぶい紐 土肥 幸弘 平成8年11月
白桃や母のつねりし腿のあざ 土肥 幸弘 平成8年11月
卓袱台に生ひし芒や混ぜご飯 土肥 幸弘 平成7年12月
百骨の歓喜のごとく芒湧く 土肥 幸弘 平成7年1月
妙齢といふはいつまで曼珠沙華 土肥 幸弘 平成7年1月
女は裾に男は尻にゐのこづち 土肥 幸弘 平成7年1月

播磨路の石棺仏や草の花 植田 早苗 平成24年12月
本郷の路地の下宿屋雁来紅 今井 紋子 平成24年12月
天啓の一句を忘る烏瓜 安田 循子 平成24年12月
柚子の種数えてもみる厨ごと 松本 敏江 平成24年5月
六条の髪の重さや夕尾花 俵田美惠子 平成24年2月
ずかと来て骨片を乞う曼珠沙華 神野 多根 平成24年2月
玉章をつついて兄を呼び出さむ 若林 千尋 平成24年2月
象潟や稲穂の波に風生まる 三宅 雅子 平成24年1月
糸瓜三句墨継ぎの間の息づかひ 井上美知子 平成24年1月
白萩や茶屋本陣の貴人の間 今井 匡子 平成24年1月
曼珠沙華一乗谷の山深し 松谷眞佐子 平成24年1月
蓼の花白川郷の消火栓 樋口登代子 平成23年12月
桔梗や脇本陣の奥座敷 竹下由里子 平成23年12月
「細雪」に縁の旧居夕化粧 樋口登代子 平成23年11月
皇女の千代の古道稲の秋 若林 千尋 平成23年11月
残る菊括る多くを諦めて 大坪芙美子 平成23年3月
秋櫻何の飾りもなき十指 上山 晶子 平成23年2月
のこん菊八十の衢の御手洗 若林 千尋 平成23年2月
ずぶ濡れのピアノのペダル芒原 亀田りんりん 平成23年1月
私の中の階段下りる黄落期 岩切 恵子 平成23年1月
桔梗の折り目正しき蕾かな 石川 暘子 平成23年1月
コスモスや墓地から見降す休耕田 土井 和子 平成22年12月
蠍座の女に非ず曼珠沙華 瀬山 賤女 平成22年12月
黄落や官庁街の理髪店 小川 文子 平成22年3月
楓もみじ安達ヶ原の鬼の婆 小林 妙子 平成22年2月
稲穂かなモディリアーニの髪豊か 畠山 桂泉 平成22年2月
箱根山ゼロ番線の草の絮 佐藤  平成22年1月
ルービックキューブしている芒原 岩切 恵子 平成22年1月
飛び飛びの畦とびとびの曼珠沙華 安田 循子 平成22年1月
間引菜にときどき届く波の音 飯田  平成22年1月
とうきびの葉ずれ戦火の日の遠く 横山 冬都 平成21年10月
音たてて戻る巻尺草紅葉 八木 風衣 平成21年3月
三件の死亡広告文化の日 田村竹次郎 平成21年2月
分度器や紅葉かつ散る人の世に 中村多可子 平成21年2月
木犀の香や歯科の椅子の倒るとき 石井 勝美 平成21年2月
男の児去って無残の曼珠沙華 中島 道夫 平成21年1月
雨になる帽子のなかの薄原 進藤三千代 平成21年1月
絵日記のあと朝顔の殖えにけり 木村 修 平成20年12月
ほうせんか薬局で買うのし袋 古澤かおる 平成20年11月
南瓜切る二度入れし刃のくひ違ひ 竹中小夜子 平成20年10月
柚子ひとつ足して湯の香をあふれさす 竹内ゆき子 平成20年3月
豆腐屋も夜汽車も通る石蕗の花 岩切 恵子 平成20年2月
津軽林檎を丸ごとかじる演劇部 鈴木 令子 平成20年2月
縄投げて花野の沖へ舟つなぐ 旦 余世夫 平成20年2月
コスモスとなるに十年ほど足りぬ 植田 信子 平成20年2月
水神を祀る輪中の秋桜 今井 匡子 平成20年1月
縁側に寄せし卓袱台衣被 樋口登代子 平成20年1月
黄落や写真機にある無限大 石田 剛 平成20年1月
菊香る佳き日と言えり百姓死す 大西 昇月 平成20年1月
熟るる「家庭の医学」踏み台に 進藤三千代 平成20年1月
彼岸花この頃聞かぬ子守唄 後藤 理勢 平成19年12月
風死して綿弓塚の破芭蕉 安田 循子 平成19年12月
アイロンに電気が通る稲の花 進藤三千代 平成19年11月
銀杏散りつくすスクールバスルート 本岡 敬子 平成19年4月
走り根に傾く指標紅葉山 長島 敏江 平成19年2月
新幹線の車中に落とす草虱 多武 静也 平成19年2月
またひとり来ては銀杏くさくなる 石田 剛 平成19年2月
葉取りしてりんご畑は夕明かり 木村 和芳 平成19年1月
姉二人妹三人金木犀 遠藤太恵子 平成19年1月
民宿に二組の客そばの花 吉野 生江 平成19年1月
道の上に道が造られ花木槿 竹下由里子 平成18年12月
爪紅の咲くとき兄と夜汽車欲し 水田雅吉子 平成18年12月
灯がともる一番星と稲の花 小川 紫翠 平成18年12月
南瓜蔓伸び行く先のミッドウェイ 石川 暘子 平成18年11月
木の実落つ妻は方向音痴なり 西田 浩之 平成18年2月
通草風郁子風母の袂風 進藤三千代 平成18年2月
安曇野の食べ放題の林檎かな 廣岡 静子 平成18年1月
実石榴やワシコフ邸の竹箒 進藤三千代 平成18年1月
床の間の鬼柚子ひと夜の伽とせる 山崎冨美子 平成18年1月
泣きっ面ふくれ面して桃を剥ぐ 水田マンボウ 平成17年12月
抜け小路の九軒長屋薄売り 安田 循子 平成17年12月
投込寺の跡曼珠沙華曼珠沙華 植田 信子 平成17年12月
ピルケースの天使の絵柄草の絮 安田 循 平成17年11月
スレートの農協倉庫紅葉山 樋口 進二 平成17年3月
長屋王の墓に風立つ叢すすき 安田 循子 平成17年2月
草紅葉不意に上着を手渡さる 猿田 恭子 平成17年2月
吾亦紅あるわが家に赤ん坊 伊藤 保子 平成17年2月
実柘榴やキスをしているピカソの絵 田村竹次郎 平成17年1月
歯を抜いて帰りに揺らす烏瓜 石田 剛 平成17年1月
白昼の無人パトカー曼珠沙華 鈴木 弘子 平成16年12月
猫じゃらし託児室ある教習所 坂口 周 平成16年12月
女郎花ホルスタインに道を訪う 松谷眞佐子 平成16年12月
秋草やうしろ歩きに美人くる 坂本 宣子 平成16年12月
オクラ喰ぶ急旋回の航空機 井上美智子 平成16年11月
旅の荷の空気枕や竹の春 志水 つい 平成16年11月
皀莢や子の担任は美男なり 宗像 治子 平成16年3月
黄落のまつ只中の神の鈴 吉野 貞子 平成16年3月
久潤や刈り進むほど芦高し 本岡 敬子 平成16年2月
Uターン禁止の札や芒原 竹下由里子 平成16年2月
黄落や朝から箱の底たたく 跡治 順子 平成16年2月
秋薔薇おとこの頭とおりけり 伊藤 保子 平成16年2月
自然薯の曲れば体曲げて掘る 三島 章子 平成16年1月
黄落や大きな靴が舟にある 山崎冨美子 平成16年1月
木犀や傘すれちがう聖橋 猿田 恭子 平成15年12月
まほらまや霊畤の址の烏瓜 安田 循子 平成15年12月
カンナの緋戦ぐ木はみな燃えつきし 岡田美佐枝 平成15年12月
唐黍を噛じるにめがね外しけり 山崎冨美子 平成15年12月
桃売りのわり込んでくるベンチかな 井上美智子 平成15年10月
鶏頭のついに抜かれてしまいけり 石川 暘子 平成15年4月
匿名の椅子匿名の烏瓜 進藤三千代 平成15年3月
すすき野にちょっと仕掛けをしてきたる 安田 循子 平成15年2月
大きくて真っ赤なりんご飛んでくる 伊藤 保子 平成15年2月
耳掻きも遺品となりて銀杏散る 山崎冨美子 平成15年2月
下町のエディソン机に木の実ごま 吉野 静 平成15年1月
警官の四、五人泳ぐすすき原 石井 勝美 平成15年1月
琴の音遠のいてゆく芒原 紀平 節子 平成15年1月
弟を叱る道道猫じゃらし 袴田比朗士 平成15年1月
カタと鳴るグリコのおまけ草の花 竹下由里子 平成14年12月
冬瓜の日暮れを切れと言われたる 石田 剛 平成14年3月
船笛やフランス山の猫じゃらし 柴崎ゆき子 平成14年3月
学童のバケツの稲も刈り頃に 和田 良 平成14年2月
生涯に恋文五通曼珠沙華 中村 子鶯 平成14年2月
稲の花端の席より埋まりをり 竹下由里子 平成14年1月
剃刀の刃が匂いけり彼岸花 小川 紫翠 平成14年1月
水をのみたい水を飲みたい曼珠沙華 大西 昇月 平成14年1月
化粧して女消えゆくすすき原 久野 孝子 平成13年12月
朝顔にほんとうの雨ふりにけり 八木 風衣 平成13年11月
銀杏散る教養学部の壁新聞 安田 循子 平成13年3月
くりかぼちゃ買いぶらんこに乗ってみる 倉持 淑子 平成13年2月
鶏頭や棚に四五冊武将伝 袴田比朗士 平成13年2月
猫の翼芭蕉ほどなり水色なり 大西 昇月 平成13年2月
次の世も火宅と思う曼珠沙華 盛 みち子 平成13年1月
柿紅葉雨樋途中で溢れけり 藤 美恵子 平成13年1月
ちゃぶ台の捨てられてあり赤のまま 松尾 美子 平成13年1月
曼珠沙華地辷地帯襁褓干す 大西 昇月 平成13年1月
黄落や零時に誰も居なくなる 石田 剛 平成12年4月
あつあつの嬬恋村のふかし藷 坂本 宣子 平成12年3月
自然薯の金輪際というかたち 本岡 敬子 平成12年3月
紅葉には少し間のある寝床かな 木村美智子 平成12年3月
叩かれて瓢返事をしてくれし 横山 冬都 平成12年1月
吾亦紅嚏せむとや生まれけむ 竹下由里子 平成11年3月
妻の座も母の座もいや鳳仙花 澤井 美鈴 平成11年2月
黄落やエレベーターに犇めきて 盛野 成信 平成11年2月
衣被ひょっこり母の来そうな日 横山 久香 平成11年2月
少年は潮の匂いよまんじゅしゃげ 村田 悦子 平成11年1月
芒野や信号待ちの電車の灯 松谷眞佐子 平成11年1月
名も知らぬキノコ一家で焼いており 小倉 喜郎 平成10年12月
葬列やいちじく畑の天気雨 山田 京 平成10年12月
掃除機を抱いて連れ出す草紅葉 進藤三千代 平成10年12月
仏前の白桃真夜を匂いだす 山崎冨美子 平成10年11月
ロダン像どんぐり礫命中す 横山 久香 平成10年3月
赤ン坊眠って着きぬ紅葉山 進藤三千代 平成10年3月
黄落や屋根に男が立ち上がる 東 霊女 平成10年3月
菊日和小銭で払う自治会費 篠崎 睦美 平成10年2月
猫じゃらし仔犬がくしゃみしてゆきぬ 中村 子鶯 平成10年2月
柿を噛みつくづく身元不詳かな 袴田比朗士 平成10年2月
ランナーのゴールは近しカンナ見る 松原 勇 平成10年1月
金輪際見せぬ手の内ひょんの笛 安田 循子 平成10年1月
赤のまま揺って冷ます哺乳瓶 豊田 幸枝 平成10年1月
阿井という十戸の村の曼珠沙華 溝本 正幸 平成10年1月
曼珠沙華イエス売らねばならぬ恋 安田 循子 平成9年12月
百人の過ぎたるように桃熟れる 横山 冬都 平成9年11月
五、六軒先まで掃きぬ鵙日和 志水 つい 平成9年5月
お隣の家を見にゆく菊日和 小川 昭子 平成9年2月
縁側に客を通せり衣被 鯨井 孝一 平成9年2月
跳び箱に向かう少年秋桜 宮川壽美子 平成9年2月
屋上のドミノ倒しや黄落期 兼平 栄 平成9年1月
つつ抜けの土間の向こうに鶏頭花 篠崎 睦美 平成9年1月
唐辛子去年と同じ釘に吊る 井上きくを 平成9年1月
筋太き夫の腕かな秋のなす 木内 静子 平成9年1月
コスモスやひとり近所の食堂へ 袴田比朗士 平成8年12月
陽の匂う体重計にある西瓜 姫野とし子 平成8年11月
包帯の吹かれて掛かる葉鶏頭 桐生 俊明 平成8年11月
卓上の榠樝に悪事さそわれし 山崎冨美子 平成8年3月
コスモスや庭よりあがる母の部屋 竹内ゆき子 平成8年2月
口紅をひいて出かける芒原 井上美智子 平成8年2月
丸盆の縁の分厚し菊日和 坂部まきゑ 平成8年2月
猫じゃらし揺らしておればものを言う 袴田比朗士 平成8年2月
間引菜の尻尾よ母のズック靴 熊田ひとし 平成8年1月
黄落やこうもり傘をぬっと立て 木村美智子 平成8年1月
朝顔の終りきちんと戸が閉まる 伊藤喜久子 平成7年12月
若者やリュックは藷を負ひしもの 椎野 正郎 平成7年12月
黄落や畳の部屋をすべり落つ 進藤三千代 平成7年3月
黄落の首が揃いし昼の月 岡田美佐枝 平成7年3月
すすき野のダイヤル指が憶えおり 山崎冨美子 平成7年3月
音よりも何か出そうなひょんの笛 橋田 鹿江 平成7年2月
くるくると折る袖口よ秋桜 塚 さくら 平成7年2月
黄落や鼻にふたつの穴がある 伊藤 保子 平成7年2月
立ち泳ぎ覚えし金魚竹の春 進藤三千代 平成7年2月
木犀の社宅に二年暮らしけり 三島 章子 平成7年1月
二人目の友も不在や猫じゃらし 袴田比朗士 平成7年1月


歳時記TOP