作 品  作 者 玄鳥掲載

関ヶ原に畑焼く煙体育の日 岡部 栄一 平成23年12月
深川不動の家内安全秋の護摩 岡部 栄一 平成20年11月
ドクターと呼びたき案山子ありしかな 岡部 栄一 平成19年12月
タクシーを降りる埠頭の秋日傘 岡部 栄一 平成19年12月

あくび出づるたびに開きて秋扇 土肥 幸弘 平成21年11月
七遊び寿司桶あくを待たれをり 土肥 幸弘 平成21年10月
名を知らぬ百花の中ゐて秋思 土肥 幸弘 平成19年12月
聞きわけのよき捨案山子寝かせおく 土肥 幸弘 平成19年11月
メモ帳に文字の凹みや秋ともし 土肥 幸弘 平成18年10月
行く先を決めるに倒す秋日傘 土肥 幸弘 平成15年12月
秋灯や小腹すきたる水滸伝 土肥 幸弘 平成15年12月
わが墓に参りてくれし秋日傘 土肥 幸弘 平成15年11月
虫籠にたわしがありし葬の家 土肥 幸弘 平成15年11月
傾けし方へ曲りて秋日傘 土肥 幸弘 平成15年10月
秋灯や鮎も女も身を反らし 土肥 幸弘 平成14年11月
茸めし一日降りこめられてゐし 土肥 幸弘 平成13年11月
秋思てふ白紙なかなか立たざりき 土肥 幸弘 平成13年10月
新走りに腰を据えたる寺社めぐり 土肥 幸弘 平成13年1月
板の間の夜がひろびろと茄子の馬 土肥 幸弘 平成12年10月
めし食わな秋思の羅漢置き去りに 土肥 幸弘 平成11年12月
踊唄届くホテルのバスタブに 土肥 幸弘 平成11年10月
松手入何を拾ひに降りて来し 土肥 幸弘 平成11年1月
落ちそうにゐる秋日傘氷見の波止 土肥 幸弘 平成10年12月
三鬼の墓へまっすぐに来て秋日傘 土肥 幸弘 平成10年11月
稲架びより結んで垂らす縄の端 土肥 幸弘 平成10年1月
一度地に立てて担げり捨案山子 土肥 幸弘 平成9年1月
踊り来し肌の匂える藍浴衣 土肥 幸弘 平成8年10月
踊の輪抜けてほどよき路地の闇 土肥 幸弘 平成8年10月
機嫌よき秋の風鈴外しけり 土肥 幸弘 平成7年1月
鯊釣のラジオが正午知らせけり 土肥 幸弘 平成7年1月

ふる里の報徳堀や豐の秋 加藤 健治 平成23年2月
新酒酌む廻船社中の常夜燈 樋口登代子 平成23年2月
秋思てふ橋を渡りて犬になる 進藤三千代 平成23年2月
皺多きラップの終わり秋灯 竹下由里子 平成23年1月
牛乳屋のてるてる坊主風の盆 樋口登代子 平成22年1月
あらざらむこの世の外のとろろ汁 中島 道夫 平成21年2月
髪一枚ほど老ゆセーター潜るとき 新保 吉章 平成21年2月
斬られ役終れば食事村芝居 中島ヒロシ 平成21年1月
手はじめに線香花火の束を解く 井上きくを 平成20年12月
零余子飯昔はどこも大家族 尾崎トキ子 平成19年1月
電柱の傾き加減ぬくめ酒 竹下由里子 平成19年1月
色多きクレヨン揃へ星祭 登坂 章一 平成17年12月
刈り終えし田に一族の墓数基 成田 照子 平成17年3月
雄鶏の声ながながし秋祭 安田 循子 平成17年2月
村中の音のつながる落し水 井上きくを 平成17年2月
盆僧のナナハン停まる坂の家 井上きくを 平成17年1月
マリアから手渡されたる秋思かな 植田 信子 平成17年1月
いにしえの寧楽のみやこの栗ごはん 若林 千尋 平成17年2月
運動会前夜てんぷら油爆ぜ 久根 純司 平成16年2月
灯火親し爪切りばさみの空くを待つ 岡田 珠絵 平成16年2月
桃色の踵となりて踊りいし 今井 紋子 平成15年12月
夕占や三条高倉柚子味噌屋 安田 循子 平成15年3月
障子貼る己れのほかに音のなく 横山 冬都 平成15年3月
稲掛けて恩師の綽名思い出す 井上きくを 平成15年2月
栗飯の駅弁さげてはぐれけり 井上美智子 平成15年2月
松手入れ国会中継木に吊るし 横山 冬都 平成15年2月
棋王戦明日に控えて松手入 長谷川純彦 平成15年1月
老年や入籠を開けるごと秋思 安田 循子 平成15年1月
番犬が預かっている虫の籠 岡田 珠絵 平成15年1月
鯊釣や一病もなく銭もなし 鈴木 茂実 平成14年12月
リヤカーに子供三人捨案山子 西田由紀子 平成14年2月
石庭を眺めていたる秋扇 竹中小夜子 平成14年1月
梯子から隣へ下りる松手入 阪口 周 平成14年1月
コンビニの袋ぶらぶら月の客 榎本 太郎 平成13年12月
鉛筆につきし歯型や零余子飯 今井 芳江 平成13年3月
忠信の隈どり落す秋思かな 安田 循子 平成13年1月
旅ながら郡上踊りの輪に混じる 石井 勝美 平成12年12月
シンデレラ症候群や菊人形 若林 千尋 平成12年2月
鳩笛や皇女の名の峡の村 安田 循子 平成12年1月
留守の間に片付けられし秋の居間 袴田比朗士 平成12年1月
今日越してきた人の影秋灯 志水 つい 平成11年3月
時差ボケや遠くに竹を伐るこだま 井上きくを 平成10年2月
お隣の顔まだ知らず秋すだれ 志水 つい 平成9年2月
行きずりの運動会を見ていたり 長尾ただみ 平成9年1月
つるし柿ほど言霊の揺れており 本岡 敬子 平成8年3月
秋ともし読後火中と添えし文 中村 子鶯 平成8年1月
雨の日は雨に濡れる木温め酒 袴田比朗士 平成8年1月
沙魚舟や出身校を尋ねらる 井上きくを 平成7年12月
空稲架や船笛太き日本海 井上きくを 平成7年3月
藁塚の影の揃いし日和かな 志水 つい 平成7年3月
打ち足りて鮭打ち棒のころがれる 横山 冬都 平成7年3月
運動会綱引きだけに出場す 太田 桂子 平成7年1月
秋灯下他人の靴が残りたる 水田雅吉子 平成7年1月


歳時記TOP