作 品 作 者 玄鳥掲載

晩秋や湖北の惣の四足門 岡部 榮一 平成24年12月
団子二本喰つて送りぬ須磨の秋 岡部 榮一 平成23年12月
家人居てことりともなき秋の昼 岡部 榮一 平成23年11月
八月や兄教室に帰り来し 岡部 榮一 平成23年10月
釣書てふ真ッ直ぐなもの菊日和 岡部 榮一 平成22年12月
履歴書に布団部屋のこと秋の暮 岡部 榮一 平成22年11月
秋冷の寝起きの耳や奥吉野 岡部 榮一 平成21年12月
力道山の墓の胸像秋の暮 岡部 榮一 平成21年11月
豊の秋北国船の太き腹 岡部 榮一 平成21年11月
のめのめと瓢箪鯰嵯峨の秋 岡部 榮一 平成20年12月
秋澄むや京の庭師の長鋏 岡部 榮一 平成20年12月
北陸の運河の閘門秋彼岸 岡部 榮一 平成20年11月
秋の昼武双窓から覗く鼻 岡部 榮一 平成20年11月
指に付くアロンアルファー秋暑 岡部 榮一 平成20年10月
炎昼やX線のあばら骨 岡部 榮一 平成20年10月
秋冷の久女の枕ありしかな月 岡部 榮一 平成20年1月
秋冷や鎖骨にありし海の音 岡部 榮一 平成20年1月
二月堂の公衆電話秋の昼 岡部 榮一 平成19年2月
母と子に二段ベッドの夜長かな 岡部 榮一 平成10年2月
セメントにセメン継ぎ足す九月尽 岡部 榮一 平成10年1月

スペアキー渡す人なく暮の秋 土肥 幸弘 平成21年12月
洗濯岩に鬼ゐて秋の向う脛 土肥 幸弘 平成21年12月
象になる少し手前の秋の暮 土肥 幸弘 平成21年11月
穐の字の亀歩きだす暮の秋 土肥 幸弘 平成20年12月
止り木に羽なき人ら暮の秋 土肥 幸弘 平成20年12月
耳の中の蝉聞いてゐる秋の昼 土肥 幸弘 平成20年11月
八月がゆく水葬の喇叭鳴り 土肥 幸弘 平成20年10月
休日の続くや秋の昼に似て 土肥 幸弘 平成20年10月
八月の街単色の紙芝居 土肥 幸弘 平成20年10月
屑籠をぶちまけてゐる秋の夜 土肥 幸弘 平成20年9月
木馬亭にソースの匂ひ秋暑し 土肥 幸弘 平成18年12月
箱の上に箱積む仕事秋の昼 土肥 幸弘 平成18年12月
行く秋や灯のつくたびに道が延び 土肥 幸弘 平成18年10月
水枕深まる秋の匂ひして 土肥 幸弘 平成18年10月
指なめて拾ふ丸薬秋の昼 土肥 幸弘 平成17年12月
首洗ひ池の濁りも秋の色 土肥 幸弘 平成17年12月
天元の石四万十の秋聚む 土肥 幸弘 平成17年12月
外燈一つ秋の中洲に根づきたる 土肥 幸弘 平成17年10月
ゆで卵のどに詰りし秋の昼 土肥 幸弘 平成16年12月
焼肉の肝に日が差す秋の昼 土肥 幸弘 平成16年11月
おのが掌を観てゐる易者秋の暮 土肥 幸弘 平成16年10月
鶏と人駈け抜ける秋の寺 土肥 幸弘 平成16年10月
妻乗せる秋のボートのぐらぐらす 土肥 幸弘 平成16年10月
はらわたに水の音する秋の昼 土肥 幸弘 平成14年12月
まっさらな錻力の如雨露今朝の秋 土肥 幸弘 平成14年10月
頭ころげて倒る空瓶秋の暮 土肥 幸弘 平成13年12月
半日を棒と過ごして秋の昼 土肥 幸弘 平成13年12月
あられもなき水栽培よ秋の昼 土肥 幸弘 平成13年10月
象の尻たて混んでゐる秋の暮 土肥 幸弘 平成13年1月
オルガンの踏み板に似る秋の暮 土肥 幸弘 平成12年10月
石も吾も水中にあり秋の昼 土肥 幸弘 平成11年12月
もの言ふたびゆれる煙草火波止の秋 土肥 幸弘 平成11年12月
秋の昼映画の果てし映写幕 土肥 幸弘 平成11年10月
二階から放る忘れ物日短か 土肥 幸弘 平成10年1月
掛け捨ての保険に似たり秋の暮 土肥 幸弘 平成9年12月
長き夜の枕カバーが抜けてゐし 土肥 幸弘 平成9年12月
歳時記は枕に足らず秋の昼 土肥 幸弘 平成9年12月
句の中も見飽きし景色暮の秋 土肥 幸弘 平成9年1月
秋深き壁に触れたる欠伸の手 土肥 幸弘 平成9年1月
テレビの終りに日の丸が出て長き夜 土肥 幸弘 平成9年1月
親指の抜けざる瓶も秋の暮 土肥 幸弘 平成8年12月
見知らぬ街のゼブラゾーンの秋の昼 土肥 幸弘 平成8年12月
秋の昼全裸の母に添寝して 土肥 幸弘 平成8年11月
人動くたび影失くす秋の昼 土肥 幸弘 平成7年12月

大江戸の残暑抜けたか空の塔 中島 道夫 平成24年12月
みくまりの神坐す吉野秋澄める 村上 直 平成24年12月
行く秋や青年尻の文庫本 柴崎ゆき子 平成24年1月
鏡板色なき風の立ちにけり 榎本 太郎 平成24年1月
阿蘇五岳秋気が馬を駆けさせる 竹下 貞夫 平成24年1月
身に入むや友の遺せし子犬の目 柳楽八洲子 平成24年1月
虫眼鏡一字引き出す夜の秋 井上きくを 平成24年1月
爽やかや組体操の笛短か 古村 寛子 平成24年1月
曲線が平安時代秋の庭 小川 紫翠 平成24年1月
頬杖の爪より秋のはじまれり 川辺智惠子 平成23年12月
言葉みな出払っている夜の残暑 藤川 圭子 平成23年12月
夜の秋一人芝居の伊達眼鏡 吉田 淑子 平成23年11月
爪立ちのホーム晩秋の海たいら 中山 妙子 平成23年2月
秋うらら入江に多き漁り舟 村上 直 平成23年1月
靴のなかよく見えており秋彼岸 進藤三千代 平成23年1月
捨てるには惜しい空箱九月来る 豊田 幸枝 平成22年12月
新涼やいま鍵盤に指が乗る 竹下由里子 平成22年12月
八月の墓標直立爆心地 小川 紫翠 平成22年11月
子を叱る声通り過ぐ十三夜 川原紀久子 平成22年3月
幽閉に似し千一体の冷まじや 窪本 正行 平成22年2月
紙漉きの水を休ます十三夜 井上きくを 平成22年2月
白い石置いて十月の机かな 俵田美惠子 平成22年1月
爽やかに研ぎし鉋の刃先かな 宮下久美子 平成22年1月
みちのくの信夫文字摺秋の暮 今井 匡子 平成22年1月
招魂の鐘の韻きや島の秋 大平 廣隆 平成21年12月
とんびの輪二百十日の水平線 松谷眞佐子 平成21年12月
立秋の千円札を濡らしけり 進藤三千代 平成21年11月
うそ寒や店主の背のポー初版 木村 修 平成21年2月
新聞に穴あけている夜長かな 廣P 清美 平成21年2月
秋深しエルボーパッチのある上衣 宮下久美子 平成21年2月
コンビーフの巻き取り鍵や暮の秋 竹下由里子 平成21年2月
調理室のかたい元栓秋の雨 津子 平成21年1月
ギャラリーに不思議なすきま暮の秋 藤田美栄子 平成21年1月
工事場の男がのぞく秋の川 村田 悦子 平成21年1月
八月の水平線は目の高さ 野間 成子 平成20年12月
新涼や曲水宴の蘭亭叙 松橋紀代二 平成20年12月
十月の画面いっぱい象の尻 伊藤 保子 平成20年1月
秋の夜子供のハノン弾いてみる 石田加津子 平成20年1月
連絡網の誰か抜けてる九月尽 後藤 理勢 平成20年1月
八月の黒き上衣を脱ぎにけり 深澤小夜子 平成19年12月
八月の海辺サクマドロップ缶 猿田 恭子 平成19年12月
秋の暮電車とホームがあいている 鈴木 令子 平成19年12月
足首にたまる靴下暮の秋 進藤 芙蓉 平成19年2月
目ぐすりの目尻をつたう夜寒かな 松下ナミ子 平成19年2月
ジーンズの穴ふえており九月尽 林 梢 平成19年1月
行く秋や賽銭箱の多かりき 鈴木 弘子 平成19年1月
手をついて昇る階段秋の句座 跡冶 順子 平成19年1月
まんまるなお握りが出て秋の葬 畠山 桂泉 平成18年12月
秋立てり流木となる兄妹 文野 好子 平成18年1月
十月は柱時計を鳴らしおり 石田 剛 平成18年1月
爽やかや窓を抜けくる遊び声 橘 辰男 平成17年12月
八月のA1出口探しおり 石田 剛 平成17年11月
秋の昼伝票さしも月半ば 水田マンボウ 平成17年2月
秋暑し精進揚の薄衣 石川 暘子 平成17年1月
手を貸して母裏返す秋の昼 熊田ひとし 平成16年12月
晩秋や公園にある水飲み場 畠山 良子 平成16年12月
学問に寄り添っている秋の椅子 古澤かおる 平成16年2月
晩秋の影折れやすき歩道橋 柴崎ゆき子 平成16年2月
冬近しわずかに傾ぐ長廊下 坂本 宣子 平成16年2月
銭湯の匂ひ地に這ふ秋の暮 藤田美栄子 平成16年1月
魚屋の柱時計が鳴る残暑 倉持 淑子 平成16年1月
履いて来た靴が日向に秋の寺 袴田比朗士 平成16年1月
秋澄めり近代的な国技館 小川 紫翠 平成15年2月
背伸びして中華鍋とる秋の昼 坂本 鯨子 平成15年1月
きのうからの蝿がまだいて秋の昼 若林 千尋 平成15年1月
少年のギブス汚れし九月かな 太田 鈴子 平成15年1月
九月かなたくさんの魚降ってくる 大西 昇月 平成15年1月
薬味葱つながり二百十日かな 新井 裕 平成14年12月
秋立つや袖を合わせし紙人形 坂本 勝子 平成14年12月
立秋や父の遺品に方眼紙 江村 博子 平成14年12月
八月や子が足をはね乳を吸う 袴田比朗士 平成14年11月
片足の滞空時間秋真昼 伊藤 保子 平成14年2月
秋深し役に立たないソクラテス 江村 博子 平成13年2月
秋冷や端座している募金箱 小川 紫翠 平成13年2月
島の宿褪せた魚拓の残暑かな 野島 節子 平成12年12月
八月の雲よ刀架よ水平線 岡田美佐枝 平成12年11月
秋深し君のポケットに入り込む 澤井 美鈴 平成12年4月
秋の暮えびせんかんで腑に落ちず 石原 芳子 平成12年2月
二、三人宙飛んでおり秋深し 大西 昇月 平成12年2月
新涼や東京駅をひとめぐり 畠山 良子 平成12年1月
秋めくや焼おにぎりの醤油味 桝室 杏花 平成12年1月
スカートをドアが引っ張る秋うらら 阪口 周 平成11年2月
本箱の奥に禁書や秋の夜 西田 浩之 平成11年1月
乳母車空にとどまる秋岬 合田 和子 平成10年12月
義歯という恐ろしきもの今日の秋 松尾 美子 平成10年2月
ままごとに離婚もありて秋日和 八木 茂 平成10年2月
議事堂の右に落日冬隣 小川 紫翠 平成10年2月
新涼や手首にしろき時計あと 篠崎 睦美 平成9年12月
八月の猫がでてくるエレベーター 伊藤 保子 平成9年12月
水踏んで過ぎる蛩音八月終ゆ 椎野 正郎 平成9年12月
病室の石鹸減りぬ今朝の秋 山崎冨美子 平成9年12月
抽出しをバサッと落とす夜寒かな 池本キク子 平成9年3月
鍋敷にのこる温もり暮の秋 竹下由里子 平成9年3月
馬食ってあっけらかんと秋の昼 進藤三千代 平成9年2月
秋暑し蝿取紙のようにゐる 竹下由里子 平成9年1月
発電を終え晩秋の水となる 新保 吉章 平成9年1月
新涼や歯ブラシを買う家族分 竹下由里子 平成8年12月
秋の日や「船ですネー」「エー女房です」 水田雅吉子 平成8年12月
八月やラッパ無くした蓄音機 津嘉山 宏 平成8年11月
海底にふかい潮流八月来る 井出 栄子 平成8年11月
来客を二階へとおす暮の秋 井上美智子 平成8年3月
朝寒や五寸量るに指伸す 桐生 俊明 平成8年2月
十月や博物館は水のなか 進藤三千代 平成8年1月
忘れ物したかも知れず九月尽 中邨 安栄 平成8年1月
片足で取れぬバランス今朝の秋 飛鳥 雅子 平成7年12月
晩秋や上の階にも食べもの屋 伊藤 保子 平成7年3月
巻尺の鋼の音も暮の秋 岡田勢津子 平成7年3月
割ばしに和紙の細帯秋深し 諸星 悦子 平成7年2月
尼寺のパンの匂いや今朝の秋 井上きくを 平成7年1月


歳時記TOP