作 品 作 者 玄鳥掲載

鳥追笠に許す一夜さ風の盆 岡部 榮一 平成24年11月
部屋干しの日本手拭風の盆 岡部 榮一 平成24年11月
団子買ふ髭のをとこや獺祭忌 岡部 榮一 平成23年11月
流灯会都のゆるき夜の風 岡部 榮一 平成23年10月
筋交に走るひび割れ西鶴忌 岡部 榮一 平成22年11月
コーヒーミルの小さな抽斗敗戦忌 岡部 榮一 平成21年10月
日に焼けた莚の匂い敗戦日 岡部 榮一 平成20年10月
ひんやりとあたるバリカン孟蘭盆会 岡部 榮一 平成19年12月
路地裏の白き線路や孟蘭盆会 岡部 榮一 平成19年12月
七夕や潮満ちてゐるシネマ館 岡部 榮一 平成19年10月
送り火や海彦海に帰るなり 岡部 榮一 平成7年12月

別の世の腕も雑じり風の盆 土肥 幸弘 平成20年10月
全学連たりし皺なり生身魂 土肥 幸弘 平成20年9月
ししむらに紐のくい込む秋の暮 土肥 幸弘 平成19年12月
露地裏にキャッツフードや秋港 土肥 幸弘 平成19年11月
白黒映画の秋の漁港や笠智衆 土肥 幸弘 平成19年11月
生身魂少しの酒が顔に出て 土肥 幸弘 平成19年10月
生身魂碁盤抱へて来られたる 土肥 幸弘 平成17年12月
鶏がらを食ぶ鶏がらの生身魂 土肥 幸弘 平成17年10月
二画面の一つは無音震災忌 土肥 幸弘 平成17年10月
黙祷をよぎる雲影敗戦忌 土肥 幸弘 平成17年10月
板の間に老婆の正座原爆忌 土肥 幸弘 平成17年10月
裏返しに乾くGパン敗戦日 土肥 幸弘 平成17年10月
いっせいにきしむ木の椅子広島忌 土肥 幸弘 平成17年9月
舌に当るぶぶ漬けの飯敗戦忌 土肥 幸弘 平成16年10月
登高や普羅の階段尋ね来て 土肥 幸弘 平成15年11月
七夕や野麦峠の宵霽れて 土肥 幸弘 平成15年9月
百態の足裏ざこ寝の風の盆 土肥 幸弘 平成13年11月
次の連待つ水音も風の盆 土肥 幸弘 平成13年10月
影が来て影が去りゆく風の盆 土肥 幸弘 平成13年10月
胎内をこどもが歩く原爆忌 土肥 幸弘 平成13年10月
ステテコにはみ出す毛脛震洋忌 土肥 幸弘 平成13年9月
海底を徒ゆく跣足震洋忌 土肥 幸弘 平成13年9月
われを領る前の君ゐて風の盆 土肥 幸弘 平成12年10月
水中花に赫と陽がさす敗戦日 土肥 幸弘 平成11年11月
新聞にひしめく活字原爆忌 土肥 幸弘 平成10年10月
しんかんと乾らぶ梅干原爆忌 土肥 幸弘 平成10年10月
地に立つものみな影もてり広島忌 土肥 幸弘 平成10年10月
影に影重ねて更ける風の盆 土肥 幸弘 平成8年12月
揺ってみて七夕竹の出来あがる 土肥 幸弘 平成8年11月
降って来し郡上踊の人いきれ 土肥 幸弘 平成8年10月

グランドに転がる薬缶敗戦日 渡利 寿美 平成24年12月
布団叩く音のしきりに敗戦忌 川辺智惠子 平成24年11月
繋ぐ手をつなぎ直して星祭 横山 久香 平成24年10月
ふらふらと釦の揺れる文化の日 大坪芙美子 平成24年2月
鳳作忌海蛇碧く眠りたる 俵田美惠子 平成24年1月
獺祭忌アルファベットのビスケット 森内 洋子 平成24年1月
流灯のひいふうみいよなむあみだ 橘 辰男 平成23年12月
パイプ椅子たたむ八月十五日 跡治 順子 平成23年12月
よく晴れて鳥声絶えぬ亜浪の忌 石川 暘子 平成23年2月
木造の電信柱秋遍路 小川 紫翠 平成23年1月
軒灯を叩いて灯す敬老日 木村 修 平成22年1月
小余綾の磯の白波藤村忌 今井 紋子 平成22年1月
父の文字なぞりて父の墓洗ふ 井上きくを 平成21年12月
風の盆果てて水音残りけり 志水 つい 平成21年1月
西鶴忌桐の柾目の男下駄 樋口登代子 平成20年12月
地蔵会の少し傷みし収支帳 宮下久美子 平成20年12月
流灯のひとつとなりて岸眺む 橋高 辰男 平成20年12月
快晴の山河へ放つ茄子の馬 岡田美佐枝 平成20年12月
ぎんしゃりをたんといただく敗戦忌 安田 循子 平成20年12月
シャンデリアそこが八月十五日 加藤 すが 平成20年11月
前の世のひとこまを見し日向ぼこ 植田 信子 平成20年3月
いくつもの鍵穴があり神の留守 横山 冬都 平成20年2月
運動会白線ひきし地の緊り 志水 つい 平成20年2月
自転車のパンク修理屋地蔵盆 松谷眞佐子 平成19年11月
箱書のどうにも讀めず獺祭忌 窪本 正行 平成19年8月
西鶴忌波止場近くのビリヤード 鈴木 令子 平成19年2月
古手屋の信玄袋牧水忌 安田 循子 平成19年2月
夢二忌の元町で買う化粧水 古澤かおる 平成19年1月
舶来のサボンのレッテル夢二の忌 安田 循子 平成19年1月
兄ひとり母に似ている門火焚く 水田マンボウ 平成18年12月
母がゐて父がをりけり終戦日 桑島  國 平成18年11月
釦穴に釦くぐらす終戦日 大坪芙美子 平成18年11月
缶詰の赤いレッテル敗戦日 西田 浩之 平成18年1月
蝉しぐれ五百羅漢寺に原爆碑 伊藤 保子 平成17年12月
切り口の鮮やかなりし茄子の馬 大西みどり 平成17年11月
すり傷にメンソレターム原爆忌 岡田勢津子 平成17年10月
盆提灯底持ち上げて灯をともす 鈴木あきを 平成16年12月
自転車に空気を入れる盆の僧 井上きくを 平成16年12月
宗祇忌や郡上の街の水清し 廣岡 静子 平成15年11月
風の盆海境を漕ぐ手の見えて 岡田美佐枝 平成14年12月
約束のように青空終戦日 石田  剛 平成14年11月
四万六千日小石食みけり桐の下駄 今井 芳江 平成14年10月
星合うやおばけ屋敷の上の天 藤川 圭子 平成14年10月
仕舞屋の奥に灯が点き風の盆 熊田ひとし 平成13年12月
八朔や八坂の塔のみえる露地 志水 つい 平成13年12月
星祭り足の裏までよく洗う 袴田比朗士 平成13年10月
ハロウインのお化けの携帯電話鳴る 西田由紀子 平成13年2月
靴底に小石はさまる文化の日 竹下由里子 平成13年2月
魂送るサーチライトの交叉かな 大西 昇月 平成12年12月
風の盆過ぎ影踏みの子がふたり 山崎冨美子 平成12年12月
初恋を知る木知らぬ木原爆忌 津嘉山 宏 平成12年11月
それなりの用のあるらし生身魂 横山 冬都 平成12年9月
赤い羽根つけペンギンによく会う日 水田雅吉子 平成11年1月
敗戦忌首都の水道管破裂 椎野 正郎 平成10年12月
剣道場に子らの声せりひろしま忌 椎野 正郎 平成10年11月
赤ん坊の声がちらばる原爆忌 兼平  栄 平成9年11月
絵燈篭まわりて畳まわりたり 奥野 文子 平成9年11月
キッチンの時計の白さ広島忌 倉持 淑子 平成9年11月
板の間を跣で歩く生身魂 鈴木あきを 平成9年1月
盆過ぎのお化け屋敷の段差かな 本岡 敬子 平成8年12月
路面電車にならぶ後頭ひろしま忌 山崎冨美子 平成8年12月
敗戦忌真昼平たき時計の貌 水田雅吉子 平成7年12月
敗戦忌遺影小さき杣の家 四方 花紅 平成7年12月
終戦日遠くで貨車の連結音 九鬼 重子 平成7年12月


歳時記TOP