作 品 作 者 玄鳥掲載

会えそうで風の花野に逆立ちす

岡部 榮一 平成20年12月

頬杖をつけば傾く秋の湖 土肥 幸弘 平成20年12月
家具売場の窓より見ゆる秋の潮 土肥 幸弘 平成20年10月
秋の滝パンちぎり食ふ喉仏 土肥 幸弘 平成17年11月
カンカン虫泣きし昔よ秋の潮 土肥 幸弘 平成15年12月
貨車過ぎて日の翳りゐし刈田かな 土肥 幸弘 平成13年1月
ピカソの目ごろごろとある刈田かな 土肥 幸弘 平成12年11月
並走の貨車の隙き間の秋の海 土肥 幸弘 平成12年11月
雨に来て雨に発つ宿秋の湖 土肥 幸弘 平成9年12月
掃き癖の箒を浸けし秋の水 土肥 幸弘 平成7年11月
滝壺を離れて秋の水となる 土肥 幸弘 平成7年2月

大花野岬の鼻の方位盤 登坂 章一 平成24年12月
秋の浜石のひとつに生れる影 中山 妙子 平成24年1月
たいくつな帆柱秋の舟溜り 成田 照子 平成23年12月
信長に滅びし礎石やませ吹く 新保 吉章 平成23年10月
過ぎたるは酈県山の秋の水 榎本 太郎 平成23年2月
行く人につれられて覗く秋の川 村田 悦子 平成23年1月
山粧う骨董市の大テント 松木 弘子 平成22年2月
水澄むや魚動いて人止まる 鯨井 孝一 平成22年1月
花野より戻りチャーハン裏返す 大西 史子 平成21年2月
秋の海見て来し夜の紅茶かな 竹内ゆき子 平成20年12月
花野行く父のバリトン北帰行 鈴木 令子 平成18年12月
弟と秋の小川に転びけり 進藤三千代 平成18年12月
秋出水木の叉にいる発明家 小倉 喜郎 平成17年1月
真横から見れば飢じい秋の滝 下野 栄子 平成17年1月
不知火や母の残せし住所録 鈴木 茂実 平成15年12月
草食の母に曲がれる秋の川 大西 昇月 平成14年12月
花野とは別の道ゆく女かな 成田 照子 平成14年1月
吸呑みの水の平らに澄みにけり 伊藤 保子 平成13年1月
嘘発見器にランプの点る秋の山 小倉 喜郎 平成12年2月
水澄めり実彈演習見て帰る 荻野 トメ 平成10年1月
秋潮の沖に高鳴るハイヒール 岡田美佐枝 平成10年1月
芒原脱け来し男傷だらけ 椎野 正郎 平成7年2月


歳時記TOP