顧 問 土肥 幸弘


2019年 当月作品 6月
   
句集「梟夢庵」より



 びんぼうとは如何なる棒か木々芽吹く

 春の雲バスの座席に妻子跳ね

 つくし野や尻の跡ある新聞紙

 わらび野の起点は閨の下ならむ

 末黒野を来し電線が灯をともす

 自転車をかついで歩く苜蓿
 
 女の中のプールサイドの水溜まり



 顧問 土肥 幸弘  
   プロフィール


  ・昭和4年10月生まれ

  ・中学時代から父共峰と共に句会に出席
    西東三鬼の指導を受けるが中断

  ・昭和42年俳句再開、「水鳥」入会

  ・平成6年「水鳥」主宰となる

  ・平成7年「玄鳥」創刊、主宰

  ・平成20年「玄鳥」顧問となる

  ・兵庫県俳句協会常任理事

  ・句集「梟夢」
.
顧 問 句 碑 (高知県 香南市)



鯨の中の畳の部屋の灯が点る



TOPへ