顧 問 土肥 幸弘


2017年 当月作品 11月
   
句集「梟夢」より



 箸逃げる芋もうれしや酒待月

 三味線が旅に出てゆく雁渡し

 背なの子をゆりては見せる秋の海

 螻蛄鳴くや妻の知らざる文多し

 月夜茸耳たぶは咬むためにある

 刻が来て飯食う昼のきりぎりす
 
 肋木に片手片足余まし秋(ママ)




 顧問 土肥 幸弘  
   プロフィール


  ・昭和4年10月生まれ

  ・中学時代から父共峰と共に句会に出席
    西東三鬼の指導を受けるが中断

  ・昭和42年俳句再開、「水鳥」入会

  ・平成6年「水鳥」主宰となる

  ・平成7年「玄鳥」創刊、主宰

  ・平成20年「玄鳥」顧問となる

  ・兵庫県俳句協会常任理事

  ・句集「梟夢」
.
顧 問 句 碑 (高知県 香南市)



鯨の中の畳の部屋の灯が点る



TOPへ