主 宰  岡部榮一

2018年 当月作品 5月
   
花の正面

 雪洞の灯が落ち男雛落ち着かぬ

 
暗がりの女雛に影のありしかな

 
宿酔と春一番をやりすごく

 木の瘤に耳押し当てて卒業期

 
十方にかげろふ燃ゆる未生かな

 古来稀なり花の正面怖ろしき

 三月尽風呂屋へ富士を見に行かむ





 主宰 岡部 榮一  
   プロフィール


・昭和21年1月 三重県生

・昭和46年 水鳥入会

・平成 7年 玄鳥入会

・平成20年玄鳥主宰を継承

・兵庫県俳句協会常任理事

・神戸市在住

.

 平成29年度 玄鳥全国俳句大会



TOPへ